HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


氣比神宮
けひじんぐう
[福井旅行] 福井県敦賀市曙町11−68

社殿左手に鳥居があり、奥に境内社が並ぶ九社ノ宮。

まず、北向きに、二社。
摂社 伊佐々別神社(伊奢沙別命荒魂)。
末社 擬領神社稚武彦命)。

続いて、東向きに、七社の御子神。北(写真奥)から、
式内摂社 天伊弉奈彦神社(第七之王子宮:伊佐奈彦神)。
式内摂社 天伊弉奈姫神社(第六之王子宮:天比女若御子神)。
式内摂社 天利劔神社(第五之王子宮:天利劔大神)。
末社 鏡神社(第四之王子宮:神功皇后宝鏡・天鏡尊)。
末社 林神社(第三之王子宮:林山姫神)。
末社 金神社(第二之王子宮:素盞嗚尊)。
末社 劔神社(第一之王子宮:姫大神尊)。

ところで、第五之王子宮から第七之王子宮までが、式内社に比定されているが、
どうして、第一之王子宮・劔神社が、式内・劔神社ではないのだろうか。

九社の他にも、最奥部、南向きに、神明社外宮・内宮がある。


ズラッと並んだ九社ノ宮

神明社

伊佐々別神社

擬領神社

天伊弉奈彦神社

天伊弉奈姫神社

天利劔神社

鏡神社

林神社

金神社

劔神社

境内の東側、東参道・駐車場の脇に土公がある。
天筒山(祭神の霊跡)の遥拝所であり祭神の降臨地。古殿地とされている。


土公と天筒山

氣比宮古殿地の事
氣比神宮境内東北部に位置し当神宮鎮座にか かる聖地として古来より「触るべからず 畏 み尊ぶべし」と社家文書に云い伝えられてい るが 嘗て天筒山の嶺に霊跡を垂れ更に神籬 磐境の形態を留める現「土公」は氣比之大神 降臨の地であり 傳教大師・弘法大師がここ に祭壇を設け七日七夜の大業を修した所とも 伝えられる
土公は陰陽道の土公神の異称で 春は竃に夏 は門に秋は井戸に冬は庭にありとされ 其の 期間は其所の普請等を忌む習慣があったが此 の土砂を其の地に撒けば悪しき神の祟りなし と深く信仰されていた 戦後境内地が都市計 画法に基づき学校用地として譲渡の已む無き に至ったが土公と参道はかろうじてそのまま の形で残された 大宝二年(七〇二)造営以 前の氣比宮は此の土公の地に鎮座され祭祀が 営まれていた 此の聖域を通して氣比之大神 の宏大無辺の御神徳を戴くことが出来るよう 此のたび篤信者の奉賛により遥拝設備が立派 に完成されるに至った次第である

−社前案内板より−

東参道入口に、西向きに3社の境内社。

式内村社 大神下前神社大己貴命 合祀 稻荷大神 金刀比羅大神)
末社 兒宮伊弉册尊
式内摂社 角鹿神社都怒我阿羅斯等命 合祀 松尾大神)

西参道脇に、末社 猿田彦神社猿田彦大神)。
灯篭には、「庚申神社」と刻印されていた。

本殿の周りに祠(四ノ宮)が見えるが、どれがどれかはわからなかった。


式内 大神下前神社

末社 兒宮

式内摂社 角鹿神社

大神下前神社

兒宮

角鹿神社

猿田彦神社

庚申神社と刻まれた灯籠

本殿横の四ノ宮の一部?


最終更新日:2013/10/09
【 気比神宮 氣比神宮 その2 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市