HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


新海三社神社
しんかいさんしゃじんじゃ
[長野旅行] 長野県佐久市田口2394

三重塔から奥へ進み階段を上ると、絹笠社がある。
絹笠社の東側、藪の中に今宮社。
絹笠社の後方には、古墳が二基並んでおり、
東奥にある古墳が、東御陵と呼ばれるもの。


絹笠社

今宮社

絹笠社背後に古墳二基

奥が東御陵らしい

西本社と中本社の後方に、層塔が立っている。
ちょうど御魂代石の後方になるのだが、これはなんだろうか。
で、その層塔のずっと後方に、中御陵と呼ばれる古墳。
東御陵と違い、古墳上部には緑の木々が茂っており
石室の口を開けた状態が、ちょっと面白い。


層塔のずっと後方に中御陵

中御陵

当社の特殊神事に「御符祭」というものがあり、
「古井様」から硯の水を汲み、御符を書く。
『日本の神々』によると、「古井様」と呼ばれる池は、
古墳の塚穴の一つで、普段は水がないらしい。
東御陵の奥に池があるのだが、
水は、奥の岩の中から湧き出しているようだ。
その岩が柵で囲まれているのだが、これが古井様だろうか。
一月十五日の真夜中に神官が白布で顔を隠して水汲みをするのだが
途中、出会った者は罰を受けて死ぬと言われているらしく、
田口では、その夜は早く寝てしまうという。


東御陵後方、古井様?

境内右手の御休石

境内の左手(西側)に駐車場があり、脇に福田稲荷社がある。
稲荷社の横の小路を北へ入っていくと、荒神社。
境内にあった境内図によると、その荒神社の西側近くに
西御陵があるらしいので、荒神社から西へ入って探したが
それらしいものは見当らなかった。

社務所で聞いてみようと、駐車場近くまで戻ったが
畑仕事をしていた地元の方が居たので、西御陵の場所を聞いてみた。

駐車場の西方にある丘の中腹、松林の中にあり、
そこだけ枯れ草に覆われた場所がそれ。
遠くからでも、その枯葉の塊がわかるほど。不思議だ。


福田稲荷

荒神社

西御陵のある丘。中央部の枯葉の塊が西御陵

西御陵


最終更新日:2013/10/09
【 新海三社神社 新海神社 その2 (佐久市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市