[HOME]  >   [社格・一宮・総社]  >
三十番神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ

三十番神とは、日本全国の神が、一ヶ月三十日間交代で仏教守護をおこなうという思想による三十柱の善神。

三十番神には以下の十種類があるという。
天地擁護の三十番神
内侍所の三十番神
王城守護の三十番神
吾が国守護の三十番神
禁闕(宮廷)守護の三十番神、真言系の両部神道本迹神道家の所伝
法華守護の三十番神、天台宗伝教大師が祭祀
如法守護の三十番神、慈覚大師入唐後に勧請
法華経守護の三十番神、日蓮が伝教大師・慈覚大師の配神を誤りとして選定
仁王経守護の三十番神、南楽坊良正が勧請
妙法経守護の三十番神、慈覚大師入唐以前に勧請
ここでは、禁闕(宮廷)守護の三十番神を紹介。
出典:日本の神様読み解き事典


最終更新日:2014/11/20
【 三十番神 】

ボーダー




社格
一宮 二宮 三宮
総社
国内神名帳
その他