[HOME]  >   [社格・一宮・総社]  >
勅祭社 ・ 准勅祭社
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ

 勅使が参向して祭祀が執行される 神社のことで、正式には勅使参向の 神社という。勅祭に預かる神社は古 くからあり、二十二社などがその代 表であるが、近代になってからの正 式な勅祭社は、明治元年(一八六 八)十月に勅祭の神社と決定された 氷川神社である。このほかにも、明 治初期には旧二十二社を中心とした 官幣社や、準勅祭社と呼ばれた日枝 神社などいわゆる東京十二社も勅祭 社とみなせるが、現在のいわゆる勅 祭社とは関係がない。現在に至る勅 祭社が正式に治定されたのは、明治 十六年に賀茂祭および石清水祭が勅 祭と定められた賀茂御祖神社、賀 茂別雷神社および石清水(男山)八 幡宮が最初で、そのうち春日神社、 氷川神社、熱田神宮、橿原神宮、出 雲大社、明治神宮、朝鮮神宮、靖国 神社、宇佐神宮、香椎宮、鹿島神 宮、香取神宮、平安神宮、近江神宮 が勅祭社となっている。現在の勅祭 社は消滅した朝鮮神宮を除く前記の 十六社であるが、このうち宇佐神宮 と香椎宮は十年ごと、鹿島神宮、香 取神宮は六年ごとに勅使が差遣さ れ、また靖国神社には春秋二度の大 祭に勅使が差遣されている。

−『神道事典』−

 天皇の思召により、特に勅使を差遣して、 祭祀・奉幣をせしめられることを勅祭、これを受ける神社を勅祭社とい う。 平安末期以来の二十二社のごときがこれである。 明治以後について見ると、明治元年に氷川神社を親祭して、自後これを勅祭社とせられ、 同三年二十九社奉幣ということ、準勅祭社(東京とその附近の十二社、日枝・ 根津・芝神明・神田・白山・亀戸・品川貴船・富岡八幡・王子・赤坂氷川・ 六所・鷲宮)を制せられたが、これらは新時代の勅祭社である (但し、後の 二者は制度的に一時のことに終わった)。そのうち明治十六年賀茂上下社が 勅祭社とされ、自来漸くその数を増し、何れもその例祭に当って、勅使 を派遣して奉幣せしめられるに至った。その諸社とは、賀茂別雷神社・ 賀茂御祖神社・石清水八幡宮・春日神社・氷川神社・熱田神宮・出雲 大社・橿原神宮・明治神宮・朝鮮神宮・鹿島神宮・香取神宮・近江神宮 ・平安神宮(何れも官幣大社)および靖国神社(別格官幣社)の十五社で あり、又宇佐神宮・香椎宮(何れも官幣大社)へは、毎十年、吉日を選定 し、勅使を派遣して臨時奉幣せしめられる。終戦後、朝鮮神宮のなくな ったことはいうまでもないが、その他の十六社に対する勅祭のことは、 制度的意義の変更は別として、今日も依然つづけられている。

−『神社辞典』−



    准勅祭社中の東京10社に関する資料 (東京都神社史料 第五輯 より)

1.品川神社第十三代神主小泉勝麿(小泉帯刀 明治三年没)が、明治元年より三年までの
  諸通達・取調書・意見具申書を編纂したもの「御新政後記録」
クリックすると拡大します



2.「神祇官判事上申書 弁事宛」十一月四日(公文録)
クリックすると拡大します


出典:神社辞典


最終更新日:2014/11/01
【 勅祭社・准勅祭社 】

ボーダー




社格
一宮 二宮 三宮
総社
国内神名帳
その他