[HOME]  >   [社格・一宮・総社]  >
全國総社 全国惣社
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ

各所の神社に奉斎する祭神を、一箇所に勧請し合 祭した神社の称。惣社とも書く。 一般には一国の総社を指していうが、一 郡・一郷の総社、寺院の総社、私人宅の総社などの例もある。各国総社 の起源については諸説があるが、平安中期から末期にあると推定され、 国司が関与した管内諸社の神霊を、国府に近い便宜の場所に勧請し、奉 幣・参詣の簡便をはかったものといわれている。『白山之記』によれば、 加賀国司の使が毎月朔日に一ノ宮白山社・二ノ宮菅生石部社など国内八 社を巡拝していたが、その煩らいを廃するため、国衙に接する一所に合 祀し、府南総社と名づけたとある。なお武蔵国総社大国魂神社祠官・猿 渡容盛(明治十七年七十四歳歿)の『諸国総社誌料』は、未定稿ではある が国別に資料を揚げ考証を加えている。

−『神社辞典』−

出典:
神道事典
日本「神社」総覧
中世諸国一宮制の基礎的研究
神社由緒


最終更新日:2014/09/19
【 全國総社 】

ボーダー




社格
一宮 二宮 三宮
総社
国内神名帳
その他