[HOME]  >   [廃絶神社]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


光州神社
こうしゅうじんじゃ
朝鮮全羅南道光州府亀岡町

旧國幣小社

御祭神
天照大神 國魂大神

光州は、古来南朝鮮における主要地で
政治・産業・交通の要衝として人口が増加。
神社創立の議が起こり、大正元年、亀岡公園の丘陵に
皇大神宮遥拝殿が建設された。

大正五年十一月三日、天照大神の御霊代を奉遷して
光州神社が創立。

昭和十五年、社殿が竣工され、翌十六年、國魂大神を配祀し、
國幣小社に列格した。

光州の鎮護として、また全羅南道の守護神として崇敬された。

毎年四月十五日には、氏子大祭が行われ、
神輿渡御、稚児行列、五十鈴舞、浦安舞などの舞踏や相撲が奉納された。

國幣小社 光州神社
鎮座地朝鮮全羅南道光州府龜岡町
交 通京釜線大田驛乗換へ湖南線光州驛下車一粁。
祭 神天照大神 國魂大神
例 祭十月十五日
 光州は古来南朝鮮に於ける主要地で、總督府始政以来、 全羅南道廰を始め、諸官衙、學校、會社等設置され、政治、 産業、交通の要衝として人口も増加し、夙に官民有志の間 に神社創立の議が起り、大正元年龜岡公園丘陵一帯の浄地 に、皇大神宮遥拝殿を建設した。次いで大正五年十一月三 日皇大神宮より天照大神の御霊代を奉遷して、光州神社を 創立せられ。昭和十一年朝鮮に神社制度が確立せられるや うになつてから、道供神社に指定された・同年十一月社殿 その他の造営のため光州神社奉賛會が成立して、昭和十五 年十一月、現在の社殿竣工し、同十六年七月國魂大神を増祀 し奉り、同年十月一日國幣小社に列せらるゝ旨仰出された。
 光州府の鎮護として、また全羅南道の守護神として、庶 民の崇敬が篤い。
 社殿は神殿十坪、幣殿十二坪、拜殿三十三坪、何れも 銅板葺、流造である。寶物に弓、靭、楯、太刀及び櫛笥等 がある。
 例祭には特殊な行事は行はれないが、四月十五日氏子大 祭があり、神輿渡御、稚兒行列、五十鈴舞、浦安舞、舞踏、 相撲があり、大いに賑ふ。

−昭和十八年発行 『神国日本 神まうで』−


最終更新日:2013/10/09
【 光州神社 】

ボーダー




新規・更新
2011.02.192010.04.082009.06.242009.06.212008.08.162008.08.042008.08.032005.05.222005.05.162005.02.252005.02.24