[HOME]  >   [祭神記]  >
二田天物部
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



二田天物部
ふたたのあめのもののべ

関連祭神名
物部稚櫻命:もののべのちざくらのみこと
……
  • 饒速日命に随伴した神。天物部等二十五部人の筆頭。

  • 柏崎鎮座物部神社の由緒によると、天香語山命に従って天鳥船に乗り、磐舟里に至った。 その上陸の地を天瀬(出雲崎町尼瀬)という。
    その後、石地で天香語山命と別れ、稲作技術を教えられた。 多岐佐加の二田を献上する者があり、そこに住んだので、その地を二田という。 二田土生田山の高陵に葬る。

  • 崇神天皇の御宇、十二世の裔孫・物部稚櫻命が神託により、 物部神社を石地磯より南大崎に遷す。 その後、二田亀岡山中腹、土生田岡、亀岡山頂、亀岡山麓へ遷座された。
    物部稚櫻命は、現在、物部神社に配祀されている。

二田天物部 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

物部神社新潟県柏崎市西山町二田602

最終更新日:2013/10/11
【 二田天物部:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【は】
【ひ】
【ふ】
【へ】
【ほ】