[HOME]  >   [祭神記]  >
彦坐王
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



彦坐王
ひこいますのみこ

別名
日子坐王:ひこいますのみこ
彦坐命:ひこいますのみこと
……
  • 開化天皇の皇子。母は丸邇(わに)臣の祖・日子国意祁都命の妹・意祁都比売。 『日本書紀』では和珥臣の祖・姥津命の妹・姥津媛。

  • 淡海国造。崇神天皇の時、丹波に派遣され玖賀耳之御笠を殺した。

  • 『古事記』によると、彦坐王の御子は以下の通り。
  • 山代の荏名津比売(苅幡戸弁)を娶って、大俣王小俣王志夫美宿禰王の三柱を生んだ。
  • 春日の建国勝戸売の娘・沙本之大闇見戸売を娶って、沙本毘古王袁耶本王沙本毘売命佐波遅比売)、室毘古王の四柱を生んだ。
    沙本毘売命は垂仁天皇の皇后、沙本毘古王は垂仁天皇の頃に謀反を起こした。
  • 近淡海の御上の祝が祭っている天之御影神の娘・息長水依比売を娶って、丹波比古多々須美知能宇斯王、水穂之真若王、神大根王(八瓜入日子王)、 水穂五百依比売、御井津比売の五柱を生んだ。
    『日本書紀』によると、丹波比古多々須美知能宇斯王は、四道将軍の一人・丹波道主命。
  • 母の妹・袁祁都比売命を娶って、山代の大筒木真若王、比古意須王、伊理泥王の三柱を生んだ。

  • 丹波道主は、日子坐王の御子・丹波比古多々須美知能宇斯王のこととされているが、 日子坐王を丹波道主と考える説もある。美知能宇斯王は派遣先の丹波で生まれた男子であるから丹波彦立王であり、 成長後に父の跡を継いだという。

彦坐王 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

古麻志比古神社石川県珠洲市若山町字経念12−32
久佐加神社島根県出雲市日下町上筋731−1
石坐神社滋賀県大津市西の庄15−16
草岡神社滋賀県長浜市余呉町国安52
佐波加刀神社滋賀県長浜市木之本町川合1277
粟鹿神社兵庫県朝来市山東町粟鹿2152
伊伎佐神社兵庫県美方郡香美町香住区余部字宮内2746−2
三野神社兵庫県豊岡市日高町野々庄字下小屋782
小幡神社京都府亀岡市曽我部町穴太宮垣内1
斎宮神社京都府京丹後市丹後町宮宮ノ谷245
廣田神社 境内 伊和志豆神社兵庫県西宮市大社町7−7

最終更新日:2013/10/11
【 彦坐王:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【は】
【ひ】
【ふ】
【へ】
【ほ】