[HOME]  >   [祭神記]  >
彦狭嶋命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



彦狭嶋命
ひこさしまのみこと

別名
日子寤間命:ひこさめまのみこと
……
  • 第七代天皇・孝霊天皇の皇子。 『日本書紀』では彦狭嶋命とあり、母は絚某弟。 『古事記』では日子寤間命とあり、母は阿礼比売命の妹・蠅伊呂杼で針間(播磨)の牛鹿臣の祖。 『姓氏録』では宇自可臣の祖。

……
  • 『日本書紀』に同名の彦狭嶋の名を持つ彦狭嶋王が登場。
    彦狭嶋王は豊城命の孫で、景行天皇五十五年春二月五日、東山道十五国の都督に任じられたが、春日の穴咋邑にて病で亡くなり、東国の人民が秘かに屍を盗み上野国に葬った。 翌年、彦狭嶋王の御子・御諸別王が父に替って東国を治めた。

彦狭嶋命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

伊豫神社愛媛県伊予郡松前町神崎字小斎院193
彦佐須岐神社広島県福山市瀬戸町大字長和3098
吉備津神社岡山県岡山市北区吉備津931

以下は東山道都督に任じられた豊城命の孫として祀る神社

二宮赤城神社群馬県前橋市二之宮町886
佐志能神社茨城県石岡市柿岡字高友北山4120
倉賀野神社群馬県高崎市倉賀野町1263

最終更新日:2013/10/11
【 彦狭嶋命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【は】
【ひ】
【ふ】
【へ】
【ほ】