[HOME]  >   [祭神記]  >
肥長比売命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



肥長比売命
ひながひめのみこと

……
  • 出雲の肥河の精霊である蛇神。肥河のナーガということだろうか。

  • 第十一代・垂仁天皇の御子・本牟智和気命は、大人になっても口がきけず、 空を飛ぶ鳥を見て「ああああ」というばかりだった。 天皇は山辺之大鶙に鵠を捕えるように命じ、因幡から尾張まで追っても捕まらず、越の国でやっと捕え、献上することができた。 だが、それでも本牟智和気命は声を出せず、はじめて唖であることがわかった。

  • ある日、垂仁天皇の夢占いに、出雲大社に参詣せよとあり、 霊験はあらたかで、参詣の帰り道、肥河の仮宮にて口がきけるようになった。

  • 肥河の檳榔の長穂宮で、本牟智和気命は肥長比売と同衾された。 ところがよく見ると、肥長比売は蛇であったので、本牟智和気命は驚き慌て逃げ帰った。

肥長比売命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

富能加神社島根県出雲市所原町城山3549

最終更新日:2013/10/11
【 肥長比売命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【は】
【ひ】
【ふ】
【へ】
【ほ】