[HOME]  >   [祭神記]  >
倭迹々日百襲比賣命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



倭迹々日百襲比賣命
やまとととひももそひめのみこと

別名
夜麻登登母々曾毘売命:やまととももそひめのみこと
大倭迹々日百襲比賣命:おおやまとととひももそひめのみこと
百襲比賣命:ももそひめ
倭迹々姫:やまとととひめ
……
  • 第七代天皇・孝霊天皇の皇女。『古事記』では、母は意富夜麻登玖邇阿礼比売命。 兄弟姉妹は日子刺肩別命比古伊佐勢理毘古命大吉備津日子命)、倭飛羽矢若屋比売
    『日本書紀』では、母は倭国香媛。 弟妹は彦五十狭芹彦命倭迹迹稚屋姫命

  • 『日本書紀』の孝元天皇(『古事記』では夜麻登登母々曾毘売命の異母兄)の皇女、倭迹々姫と同一人物とする説もあり、 その場合、母は欝色謎命。兄は大彦命稚日本根子彦大日々天皇(のちの第九代天皇・開化天皇)。

  • 『日本書紀』によると、 崇神天皇の時、四道将軍派遣の際の少女の歌の予兆を解して、武埴安彦の謀反を崇神天皇に告げた。

  • また、神懸りして大物主神の神託を告げ、後に大物主神の妻となった。 だが大物主神は昼は現れず夜だけやって来た。 そこで倭迹々日百襲比賣命は、朝まで居て欲しいと懇願したところ、 大物主神は「あしたの朝は櫛箱に入っていよう」と告げた。 翌朝、櫛箱を見ると小蛇が入っており驚いて叫んだため、大物主神は恥じて人の形となり、 「今度は私がお前を辱しめよう」といい、御諸山に登られた。 姫は悔いて座り込んだ時、陰部を箸で撞いて死んでしまい、箸墓に葬られた。

倭迹々日百襲比賣命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

水主神社香川県東かがわ市水主1418
田村神社香川県高松市一宮町286
神御前神社奈良県桜井市大字茅原
吉備津神社岡山県岡山市北区吉備津931
岡山神社岡山県岡山市北区石関町2−33
吉備津彦神社 および境内 下宮岡山県岡山市北区一宮1043
二宮神社 境内 太郎社静岡県湖西市新居町中之郷320

最終更新日:2013/10/11
【 倭迹々日百襲比賣命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【や】
【ゆ】
【よ】