[HOME]  >   [祭神記]  >
丹生都比売命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



丹生都比売命
にうつひめのみこと

別名
丹生都姫神:にうつひめのかみ
爾保都比賣命:にうつひめのみこと
丹生明神:にうみょうじん

関連祭神
高野御子神:たかののみこのおおかみ
……
  • 爾保都比賣命は国堅大神の子。神功皇后の三韓遠の時、この神が国造石坂比売命に憑いて、 自らをよく祭祀するならば、新羅を治める善験をなさうと教へて赤土をえた。
    この赤土を、天之逆鉾に塗り軍船の艫舳に挿立て、皇軍の甲衣をも染めたため、 航海の障害に合うこともなく新羅を平伏し得た。
    そこで紀伊国管川藤代の峯に奉鎮されたという。

  • 一説には、丹生都比売命天照大神の妹神(稚日女尊)。応神天皇によって天野に祀られたという。

  • 高野御子神は丹生都比売命の御子神、あるいは夫神であるという。

  • 弘法大師が始めて高野へ登った時に出現して、 「我は丹生津姫、我が子は高野童男(ふとな)」と言ったという。

  • 丹生の「丹」とは、丹砂あるいは水銀のことで、 古代において、薬・塗料・染料・顔料に使用され、重要な資源であった。 丹生都姫命は、その鉱物資源採取を生業とする丹生氏の奉じた神。

丹生都比売命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

丹生都比賣神社和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230
丹生神社滋賀県長浜市余呉町上丹生378
丹生神社滋賀県長浜市余呉町下丹生1087
妙義神社群馬県富岡市妙義町妙義6
六所神社山形県酒田市市条字八森13
熊野大社 境内 伊邪那美神社島根県松江市八雲町熊野2451
荒田神社 境内 丹生神社和歌山県岩出市森237

最終更新日:2014/01/07
【 丹生都比売命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【な】
【に】
【ぬ】
【ね】
【の】