[HOME]  >   [祭神記]  >
丹波道主命
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



丹波道主命
たにはのみちぬしのみこと

別名
谿波道主命:たにはのみちぬしのみこと
丹波比古多々須美知能宇斯王:たにはのひこたたすみちのうしのみこ
旦波比古多々須美智能宇斯王:たにはのひこたたすみちのうしのみこ
美知能宇斯王:みちのうしのみこ
彦多都彦命:ひこたつひこのみこと
……
  • 『古事記』によると、日子坐王と近淡海の御上の祝が祭っている天之御影神の娘・息長水依比売の御子。 弟妹は、水穂之真若王、神大根王(八瓜入日子王)、水穂五百依比売、御井津比売。

  • 崇神天皇の時、丹波に派遣された丹波道主命。 北陸に派遣された大彦命、東海に派遣された武渟川別、西海に派遣された吉備津彦と合わせて四道将軍とも呼ばれている。

  • 丹波道主に関しては、『古事記』に、父・日子坐王が崇神天皇の時に丹波に派遣されたとあり、 日子坐王が丹波道主であるとする説がある。美知能宇斯王は派遣先の丹波で生まれた男子であるから 丹波彦立王であるという。

  • 成務天皇の時、稲葉国造となった彦多都彦命と同神と考えられている。

  • 丹波の河上の麻須郎女を娶って、比婆須比売命、真砥野比売命、弟比売命、朝廷別王を生んだ。

  • 比婆須比売命(氷羽州比売・日葉酢姫)は垂仁天皇の后となり、景行天皇倭姫命などを生んだ。

  • 朝廷別王は、三川の穂別の祖。

丹波道主命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

神谷神社京都府京丹後市久美浜町久美浜小谷
伊奈波神社岐阜県岐阜市伊奈波通1−1
養父神社兵庫県養父市養父市場字宮ノ谷827−3
須倍神社 外宮静岡県浜松市北区都田町6284

最終更新日:2013/10/11
【 丹波道主命:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【た】
【ち】
【つ】
【て】
【と】