[HOME]  >   [祭神記]  >
八島士奴美神
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



八島士奴美神
やしまじぬみのかみ

別名
清之湯山主三名狹漏彦八嶋篠:すがのゆやまのぬし、みなはさるひこやしましの
清之繁名坂軽彦八嶋手命:すがのゆいなさかかるひこやしまでのみこと
清之湯山主三名狹漏彦八嶋野:すがのゆやまのぬし、みなはさるひこやしまの
……
  • 字義は、大八州国を領する神。

  • 須佐之男神櫛名田比売の御子神。
    『日本書紀』に清之湯山主三名狹漏彦八嶋篠、またの名を清之繁名坂軽彦八嶋手命、清之湯山主三名狹漏彦八嶋野といい、 『古事記』では大国主神の祖で、この神の五代孫が大国主神とあるが、 『先代旧事本紀』では、八島士奴美神のまたの名を大国主神、大己貴命とある。

  • 妻は、大山津見神の娘・木花知流比売。子は布波能母遅久奴須奴神。

  • 『古事記』によると、須佐之男神と櫛名田比売の子が、八島士奴美神
    八島士奴美神と木花知流比売の子が、布波能母遅久奴須奴神。
    布波能母遅久奴須奴神と日河比売命の子が、深淵之水夜礼花神。
    深淵之水夜礼花神と天之都度閇知泥神の子が、淤美豆奴神
    淤美豆奴神と布帝耳神の子が、天之冬衣神
    天之冬衣神と刺国若比売の子が、大国主神となっている。


八島士奴美神 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)

八坂神社京都府京都市東山区祇園町北側625
河邊神社島根県雲南市木次町上熊谷字中ノ段1462−1
多倍神社島根県出雲市佐田町反辺字横塚1064
須加神社三重県松阪市嬉野権現前町422
男山神社 境内 八坂神社香川県さぬき市寒川町神前寺尾3967

最終更新日:2014/12/10
【 八島士奴美神:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【や】
【ゆ】
【よ】