[HOME]  >   [祭神記]  >
善女竜王
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



善女竜王
ぜんにょりゅうおう

……
  • 天長元年(824)二月、空海が宮中の神泉苑において請雨経の法を修した。 真言を唱え祈雨の念をこらすと、薄雲が湧き起こり、やがて厚い雲となって、 天地を暗くするほどの激しい雨が降り始めた。

  • その時、神泉苑の池に、状余の蛇に乗った金色の龍が現れた。 これが善女竜王。

  • 一般に形像は雲に乗る龍神の背に立つ唐の官人の姿に描かれる。 その代表的図像である定智本によれば、その左手には宝珠を盛った鉢を持つ。


最終更新日:2013/10/11
【 善女竜王:玄松子の祭神記 】

ボーダー




祭神記 索引
祭神記 新着
【さ】
【し】
【す】
【せ】
【そ】