[HOME]  >   [神紋調査]  >
牡丹紋 ぼたん
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


向牡丹

津軽牡丹

大割牡丹
 牡丹の花・葉・枝などを図案化したもの。 牡丹は、キンポウゲ科の植物で落葉かん木。 観賞花木であり薬用ともなる。 中国において唐代より観賞用として、富貴の象徴とされていた。 わが国でも『蜻蛉日記』『平家物語』にこの記事がある。 牡丹の文様は平安時代から衣服に好んで用いられている。 家紋としては、最初に近衛家が用いた。 初めは車紋とされていたが、華麗さや富貴の意義から使われたものと思われる。 また、『相国寺塔供養記』によると、九条家でもこれを家紋にしていたという。
 江戸時代に入り鷹司氏・難波氏(公家)が家紋としたため、菊紋、葵紋につぐ権威ある紋章となった。 前述の公家のほかに、大名で、鷹司支流の上野氏・矢田(吉井)の松平氏・津軽氏・伊達氏・鍋島氏・島津氏などが、 近衛家との縁によって、家紋とした。 ほかに武家では、摂津源氏の田能村、佐分氏が『見分諸家紋』に挙げられている。 また寺院では、藤原氏の氏寺である興福寺、摂関家の子弟が入る大乗寺、近衛家の子女が相ついで嫁した 東本願寺などが、牡丹紋を用いている。
 牡丹紋は、花だけのもの(向う牡丹、大割牡丹)、花・葉・枝からなるもの(一枝二葉、二枝多葉)、 他紋と組み合わせたもの(杏葉牡丹、蟹牡丹)などに分類される。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

日吉大社・西本宮滋賀県大津市坂本5−1−1
名居神社三重県名張市下比奈知2092
巖鬼山神社青森県弘前市十腰内字猿沢78
善知鳥神社青森県青森市安方2−7−18


最終更新日:2013/10/09
【 牡丹紋 (ぼたん) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明