[HOME]  >   [神紋調査]  >
杏葉 ぎょうよう
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


丸に抱き花杏葉

鍋島杏葉
 大陸伝来の装飾的な馬具を図案化した紋。 単独ではおさまりにくいため、通常、抱き形となっている。茗荷紋と似ているが、 葉脈の筋、先端に花房がない。『大要抄』には、鎌倉時代のはじめ、 観修寺家が車紋として用いたことが記されている。家紋としたのは、 閑院家と中御門家で、室町時代にはそれを用いるものが増えた。 江戸時代には、大友氏の一族のほか、旗本の十余家が家紋としている。
 公家では閑院家・中御門家。武家では九州の大友氏の定紋として名高い。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

高野神社岡山県津山市二宮601
與止日女神社佐賀県佐賀市大和町大字川上1
佐嘉神社佐賀県佐賀市松原2−10−43


最終更新日:2013/10/09
【 杏葉紋 (ぎょうよう) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明