[HOME]  >   [神紋調査]  >
龍胆紋 りんどう
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


笹龍胆

石川龍胆

七枚笹龍胆

笹龍胆
 龍胆の花と葉を象った文様より転用したものである。葉が笹に似ているところから笹龍胆ともいう。龍胆は、秋に藍色の美しい花を咲かせる。このため、平安時代から賞美されていたことが『源氏物語』『狭衣物語』などに見られる。また、『枕草子』には、その花が秋風の立つなかで、群芳におくれて開くので人々の観賞心をひいたと記されている。
 家紋の初めは明らかではないが、中院通方がこのころに著わした『餝抄』には、中院家の家紋として挙げられ、また『大要抄』にも、村上源氏の出である中院宗輔の車文としてのせている。このように、龍胆紋は村上源氏の代表的な家紋となり、その一門の中院家や久我家が用いるようになった。また、このころから、宇多源氏も龍胆を家紋とするようになった。村上、宇多両源氏の流れではあるが、武家の間では『吾妻鏡』『太平記』などには何の記載も見当たらないので、いずれも公家の間のみに用いられたと考えられる。
 江戸時代にはいると、これが誤り伝えられて、龍胆紋は源氏の家紋のように考えられ、清和源氏の子孫と称するものが競って家紋とする傾向が生まれた。
 龍胆紋は、普通は三花五葉を基本とするが、まれに二葉(二つ葉龍胆)、三葉(三つ葉龍胆)を用いることもある。ほかに、枝や蔓をつけたもの、それらを寄せて車状にした久我龍胆、特殊な形状を配した蟹龍胆、杏葉龍胆、龍胆菱など。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

美奈宜神社福岡県朝倉市荷原2421
楢本神社石川県白山市下柏野町1
川合神社新潟県長岡市東川口1979−43
須智荒木神社三重県伊賀市荒木108
霊山神社福島県伊達市霊山町大石字古屋舘1
阿部野神社大阪府大阪市阿倍野区北畠3−7−20
子安神社茨城県かすみがうら市東野寺字宮久保252
胎安神社茨城県かすみがうら市西野寺433
奥津嶋神社滋賀県近江八幡市沖島町188
御木神社石川県加賀市三木町34−98
足高神社岡山県倉敷市笹沖字足高1033
若宮八幡神社宮城県大崎市三本木新沼字若宮113
大我井神社埼玉県熊谷市妻沼字大我井1480
宮津八幡宮富山県魚津市宮津1520
脇子八幡宮富山県下新川郡朝日町横尾966
木曽三社神社群馬県渋川市北橘町下箱田1
武並神社岐阜県恵那市大井町森1101
八幡神社岐阜県中津川市阿木字大門前1415


最終更新日:2014/09/12
【 龍胆紋 (りんどう) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明