[HOME]  >   [神社知識]  >
【神社建築】本殿様式・生國魂造
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 生國魂造は、その名の通り「生國魂神社」特有の様式だ。
正確には、五間四面棟高六十尺の本殿と七間四面の幣殿を、一つの流造で葺きおろし、 正面に千鳥破風、すがり唐破風、千鳥破風の3つの破風を据えたもの。 戦火に焼かれたが、戦後復興したもので、現在はコンクリート造銅板葺きだが、 桃山時代の遺構を伝えるといわれている。

生國魂神社本殿

最終更新日:2013/10/09
【 神社建築:本殿様式・生國魂造 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀