[HOME]  >   [神社知識]  >
【祝詞】大祓詞 おおはらえのことば
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 もっとも実用性のあるオールマイティな祝詞『大祓詞』をあげてみた。
 もともとこの大祓詞は、中臣の祓えともいい、平安時代、毎年六月と十二月の晦日に、犯した罪や穢れを祓うため、祭祀官、中臣氏が朱雀門で奏上していたもの。鎌倉時代には、六月のほうが残り、『徒然草』には「水無月祓え」と記されている。


原文(宣命書き)
たかまノはらに
高天原
かむづまります
神留坐
すめらがむつ
かむろぎ
神漏岐
かむろみの
神漏美
みこともちて
命以知氐
やほよろづノかみたちを
八百萬神等
かむつどへにつどへたまひ
神集閉爾集賜
かむはかりにはかりたまひて
神議里爾議賜比氐
あが
すめみまノみことは
皇御孫命
とよあしはらノみづほノくにを
豊葦原水穂國
やすくにと
安國
たひらけく
介久
しろしめせと
知食世登
ことよさしまつりき
事依奉里伎
かく
よさしまつりし
依奉里志
くぬちに
國中
あらぶるかみたちをば
荒振神等乎婆
かむとはしにとはしたまひ
神問婆志爾問賜
かむはらひにはらひたまひて
神掃比爾掃賜比氐
こととひし
語問比志
いはねきねたち
磐根樹根立
くさのかきはをも
片葉乎母
ことやめて
語止米氐
あめのいはくらはなち
磐座放
あめのやへぐもを
八重雲
いづの
伊頭
ちわきにちわきて
千別伎爾千別伎氐
あまくだし
天降
よさしまつりき
依奉里伎
かく
よさしまつりし
依奉里志
よものくになかと
四方國中
おほやまとひだかみノくにを
大倭日高見國
やすくにと
安國
ざだめまつりて
定奉里氐
したついはねに
磐根
みやばしらふとしきたて
宮柱太敷立
たかまノはらに
高天原
ちぎたかしりて
千木高知里氐
すめみまノみことの
皇御孫命
みづのみあらか
御殿
つかへまつりて
仕奉里氐
あめのみかげ
御蔭
ひのみかげと
御蔭
かくりまして
隠坐志氐
やすくにと
安國
たひらけく
介久
しろしめさむ
知食左牟
くぬちに
國中
なりいでむ
成出傅牟
あめのますひとらが
益人等
あやまちをかしけむ
過氾志介牟
くさぐさのつみごとは
種種罪事
あまつつみくにつつみ
罪國
ここだくのつみいでむ
許許太久罪出傳牟
かくいでば
傅婆
あまつみやごともちて
宮事以知氐
あまつかなぎを
金木
もとうちきり
本打切
すゑうちたちて
末打斷知氐
ちくらの
千座
おきくらに
置座
おきたらはして
置足波志氐
あまつすがそを
管麻
もとかりたち
本刈斷
すゑかりきりて
末刈切里氐
やはりに
八針
とりさきて
取辟伎氐
あまつのりとのふとのりとごとを
祝詞太祝詞事
のれ

かく
のらぱ
良婆
あまつかみは
あめのいはとを
磐門
おしひらきて
押披伎氐
あめのやへぐもを
八重雲
いづの
伊頭
ちわきにちわきて
千別伎爾千別伎氐
きこしめさむ
聞食左牟
くにつかみは
たかやまのすゑ
高山
ひきやまのすゑに
短山
のぼりまして
上坐志氐
たかやまのいぼり
高山伊褒理
ひきやまのいぼりを
短山伊褒理
かきわけて
掻別介氐
きこしめさむ
聞食左牟
かく
きこしめしてば
聞食志氐婆
つみといふつみはあらじと
良自登
しなどのかぜの
科戸
あめのやへぐもを
八重雲
ふきはなつことのごとく
吹放
あしたのみぎり
御霧
ゆふべのみぎりを
御霧
あざかぜ
朝風
ゆふかぜの
夕風
ふきはらふことのごとく
吹拂
おほつべにをる
大津邊
おほふねを
大船
へときはなち
舳解放
ともときはなち
艫解放知氐
おほうなばらに
大海原
おしはなつことのごとく
押放
をちかたの
彼方
しげきがもとを
繁木
やきがまの
燒鎌
とがまもちて
利鎌以知氐
うちはらふことのごとく
打掃
のこるつみは
あらじと
良自登
はらへたまひきよめたまふことを
祓給清給
たかやまのすゑひきやまのすゑより
高山末短山與里
さくなだりに
佐久那太理
おちたぎつ
落多岐
はやかはのせにます
速川
せおりつひめといふかみ
瀬織津比賣
おほうなばらに
大海原
もちいでなむ
持出傳奈牟
かくもちいでいなば
持出往奈婆
あらしほのしほのやほぢの
荒潮八百道
やしほぢのしほのやほあひにます
八潮道八百會
はやあきつひめといふかみ
速開都比賣
もちかかのみてむ
持加加呑美氐牟
かくかかのみてぱ
加加呑美氐婆
いぶきどにます
氣吹戸
いぶきどぬしといふかみ
氣吹戸主
ねノくにそこノくにに
根國底國
いぶきはなちてむ
氣吹放知氐牟
かく
いぶきはなちてば
氣吹放知氐婆
ねノくにそこノくににます
根國底國
はやさすらひめといふかみ
速佐須良比賣
もちさすらひうしなひてむ
持佐須良比氐牟
かく
さすらひうしなひてば
佐須良比氐婆
つみといふつみは
あらじと
良自登
はらへたまひきよめたまふことを
祓給清給
あまつかみくにつかみ
神國
やほよろづノかみたち
八百萬神等
ともにきこしめせと
聞食世登
まをす

仮名まじり文
高天(たかま)(はら)に 神留(かむづ)まります
(すめら)(むつ) 神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)命以(みことも)ちて
八百万(やほよろづ)神等(かみたち)を 神集(かむつど)へに(つど)(たま)
神議(かむはか)りに(はか)(たま)ひて
()が 皇御孫(すめみま)(みこと)は 豊葦原(とよあしはら)瑞穂(みづほ)(くに)
安国(やすくに)と (たひ)らけく ()ろし()せと 言依(ことよ)さし(まつ)りき。
()()さし(まつ)りし国内(くぬち)に (あら)ぶる(かみ)たちをば
神問(かむと)はしに()はし(たま)ひ 神掃(かむはら)ひに(はら)(たま)ひて
言問(ことと)ひし磐根(いはね)樹根立(きねた)ち (くさ)片葉(かきは)をも言止(ことや)めて
(あめ)磐座放(いはくらはな)ち (あめ)八重雲(やへぐも)を (いづ)道分(ちわ)きに道分(ちわ)きて
天降(あまくだ)()さし(まつ)りき。
()()さし(まつ)りし四方(よも)国中(くになか)
大倭日高見(おほやまとひだかみ)(くに)を 安国(やすくに)と (さだ)(まつ)りて
(した)磐根(いはね)宮柱太敷(みやばしらふとし)()て 高天(たかま)(はら)に 千木高構(ちぎたかし)りて
皇御孫(すめみま)(みこと)の (みづ)御殿仕(みあらかつか)(まつ)りて
(あめ)御陰(みかげ) ()御陰(みかげ)(かく)()して
安国(やすくに)と (たひ)らけく()ろし()さむ国内(くぬち)
()()でむ (あめ)益人等(ますひとら)が (あやま)(をか)しけむ
種々(くさぐさ)罪事(つみごと)は (あま)(つみ)(くに)罪幾許(つみここ)だくの罪出(つみい)でむ。
()()でば (あま)宮事以(みやごとも)ちて (あま)金木(かなぎ)(もと)うち()
(すゑ)うち()ちて 千座(ちくら)()(くら)()()らはして
(あま)菅麻(すがそ)本刈(もとか)()ち 末刈(すゑか)()りて 八針(やはり)()()きて
(あま)祝詞(のりと)太祝詞言(ふとのりとごと)()れ。
()()らば (あま)(かみ)は (あめ)磐門(いはと)()(ひら)きて
(あめ)八重雲(やへぐも)(いづ)道分(ちわ)きに道分(ちわ)きて ()こし()さむ。
(くに)(かみ)は 高山(たかやま)(すゑ)低山(ひきやま)(すゑ)(のぼ)()して
高山(たかやま)伊褒理(いぼり)低山(ひきやま)伊褒理(いぼり)()()けて ()こし()さむ。
()()こし()してば (つみ)といふ(つみ)はあらじと
()()(かぜ)の (あめ)八重雲(やへぐも)()(はな)つことのごとく
(あした)御霧(みぎり)(ゆふべ)御霧(みぎり)を 朝風(あさかぜ)タ風(ゆふかぜ)()(はら)ふことのごとく
大津辺(おほつべ)()大船(おほふね)を 舳解(へと)(はな)ち 艦解(ともと)(はな)ちて
大海原(おほうなばら)に ()(はな)つことのごとく
彼方(をちかた)繁木(しげき)が (もと)焼鎌(やきがま)利鎌以(とがまも)ちて ()(はら)ふことのごとく
(のこ)(つみ)はあらじと (はら)(たま)(きよ)(たま)ふことを
高山(たかやま)(すゑ)低山(ひきやま)(すゑ)より さくなだりに()(たぎ)
速川(はやかは)()()す 瀬織津比売(せおりつひめ)といふ(かみ)
大海原(おほうなばら)に ()()でなむ。
()()()()なば 荒潮(あらしほ)(しほ)八百道(やほぢ)
八潮道(やしほぢ)(しほ)八百会(やほあひ)()す 速開(はやあ)きつ(ひめ)といふ(かみ)
()ちかか()みてむ。
()くかか()みてば 息吹(いぶ)()()す 息吹(いぶ)処主(どぬし)といふ(かみ)
()(くに)(そこ)(くに)息吹(いぶ)(はな)ちてむ。
()息吹(いぶ)(はな)ちてば ()(くに)(そこ)(くに)()す 速流離姫(はやさすらひめ)といふ(かみ)
()流離(さすら)(うしな)ひてむ。
()流離(さすら)(うしな)ひてば (つみ)といふ(つみ)はあらじと
(はら)(たま)(きよ)(たま)ふことを (あま)(かみ)(くに)(かみ)
八百万(やほよろづ)(かみ)たち (とも)()こし()せと(まを)す。

−『現代人のための祝詞 −大祓詞の読み方−』石文書院−


最終更新日:2013/11/08
【 祝詞:大祓詞 おおはらえのことば 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀