[HOME]  >   [神社知識]  >
【神社建築】本殿様式・大鳥造
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 大鳥造の構造は、平面が正方形で、正面・側面とも二間、妻入りで、大社造と良く似ている。

 大社造との外観の違いは、入口が中央に配置された事である。
 住吉造も正面入口が中央にあり、大鳥造と同じである。
 ただし、住吉造の側面は四間で、大鳥造の倍になっている。

 大社造との内部構造の違いは、中央に仕切りが設けられ、板扉があり、内陣・外陣に二分されている事。 これも、住吉造と同様である。

つまり、大鳥造は、大社造住吉造の中間に位置すると考えられる。


側面


大鳥大社本殿

 大阪府堺市、大鳥神社本殿の形式である。


最終更新日:2013/10/09
【 神社建築:本殿様式・大鳥造 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀