[HOME]  >   [神社知識]  >
【鳥居】 『鳥居の研究』根岸栄隆による分類 第六分類:枠差系
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 両部鳥居を代表とする構造。本柱の前後に控柱(稚児柱)を設け、枠差しに組み立てる鳥居。
 その構造から枠差鳥居、四つ脚鳥居ともいう。
 また両部神道の権現観に基づいて権現鳥居ともいう。


当ページの分類は、昭和十八年発行の根岸栄隆著『鳥居の研究』をもとに作成したが、六十年以上経過しているので、 現在存在しないものも多数ある。
また、根岸栄隆の個人的研究による分類であり、一般的な分類と異なる点もある。

【両部鳥居】
 ・枠差鳥居の代表鳥居で、両部神道の理念を表したもの。
 ・丹塗りの本柱の前後に控柱(稚児柱)を設けたもの
厳島神社
【初瀬両部(足守形両部)】
 ・吉野初瀬や岡山足守八幡の両部鳥居。
 ・通常は上下に二本ある控柱(稚児柱)の貫(横棒)が一本
三重乎美祢神社
【愛宕両部】
 ・京都愛宕神社一之鳥居の両部鳥居。
 ・控柱(稚児柱)が黒塗り
奈良丹生川上神社中社
【大隅両部】
 ・鹿児島神宮(国府八幡宮)の鳥居。
 ・大隅鳥居(藁座と白い島木)の両部鳥居。
鹿児島神宮
【撫牛子両部】
 ・青森撫牛子の八幡神社の両部鳥居。
 ・額束の部分に鬼子(小鬼像)が付けられている
探索中
【吉野両部】
 ・吉野水分神社の両部鳥居。
 ・控柱(稚児柱)の前方が無い
吉野水分神社
【神明両部】
 ・神明鳥居(白丸木鳥居)の本柱の前後に控柱(稚児柱)を設けたもの
 ・さらに額束が加えられていることもある。

 ・北信地方に分布しており、長野御牧村蓬田の八幡神社、長野坂城の坂城神社、長野生坂の日置神社、長野東川手村宮城の大神宮、長野会田村の神宮司寺にある(あった)らしいが未確認。
坂城神社
【秩父両部】
 ・靖国鳥居(丸柱/丸笠木/角貫)の本柱の前後に控柱(稚児柱)を設けたもの

 ・秩父神社の一之鳥居にあるらしいが未確認。
探索中


最終更新日:2013/10/09
【 鳥居:『鳥居の研究』根岸栄隆による分類 第六分類:枠差系 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀