HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


多岐神社
たきじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県村上市岩ヶ崎字多伎山787  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 越後國磐船郡 多伎神社

御祭神
湍津姫命

新潟県村上市にある。
羽後本線村上駅の北西3Kmの岩ヶ崎に鎮座。
日本海に突き出した岬の付け根、断崖の下の海岸部分。

三面川を越え、345号線を日本海側に進み、
岩ヶ崎遺跡を過ぎた場所で、海側へ下りていくと駐車場。
駐車場から、海に沿った狭い道を300mほど歩く。
参道は遊歩道のようで、歩きやすい道だ。
参道を歩くと、赤い鳥居が見えてくる。
鳥居の手前には、小さな瀧が海へ潅いでいる。
この瀧が、多岐神社の社号の由来だろう。

境内に入ると、とても狭い。
狭い境内に、大きな社殿が海に面して立っている。
境内が狭すぎて社殿の全容を移すための距離が取れない。
仕方がないので、目一杯に広角で撮影。
そのせいで社殿が大きく歪んでしまった。

創祀年代は不詳。
通称、瀬波のお滝様と呼ばれる神社。

鎮座地の字は、多伎山といい、
式内社・多伎神社の論社の一つ。

式内社・西奈彌神社の摂社らしい。


社域

参道

参道の小さな瀧

境内

社殿

社殿

社殿

社殿内部

多岐神社
 岩船郡内に8座の祭神があり、この一つが多岐神社で、 多岐津島姫命を祭ったと伝えられている。 古くから漁を 営む人々の信仰が厚く、毎年4月28日には厳かな祭が行 われる。 別名を観潮閣ともいい、これは源頼朝に追われ た義経主従が奥州へ落ちのびる途中にこのお宮で休み、弁 慶が日本海を一望して観潮閣と大書して、社頭にかかげた ことから名付けられたものといわれている。

−社頭案内板−



多伎神社
多伎神社は延喜式記載のお宮で千二百余年の歴史がある。
祭神は、多伎津姫命であろうと言われている。神社のそばに滝があり、そこに滝不動の小祠もあったことから、瀬波のお滝様とも呼ばれ人々に親しまれてきた。
又、源義経主従の奥州落ちにまつわる伝説がある。一行がここで一息ついた時、弁慶が日本海の波の様子を眺め、「さても麗しき景色かな」と嘆賞し、社の扉に「観潮閣」と書き、また、「弘道」と書かれた板も明治の初期まで残されていたという。社の近くに、弁慶の硯り石、と名づけられている岩もある。
背後の社叢は、魚つき林、として保護されている。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 多岐神社 (村上市)(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index