HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


大目神社
おおめじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県佐渡市吉岡1284  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 佐渡國羽茂郡 大目神社
旧村社

御祭神
大宮賣神 大己貴命とする説もある

佐渡島の西のくびれ、旧真野町、真野御陵の近くにある。
周囲の道路が新しく、地図と違っていて迷った。

後方の山が神体山らしいが、気づかなかった。
鳥居前の説明では、佐渡二の宮とある。

創祀年代は不詳。

式内社・大目神社に比定されている古社。

元の鎮座地に関しては幾つかの説があるらしく、
真野町の椿尾という地や、吉岡の小河内川畔から遷座されたという。

上下の崇敬篤い大社であったが
上杉氏が佐渡を領するようになって後は
神領を没収され衰微したという。

境内はあまり広くない。
拝殿後方に本殿覆屋が一体となっており、本殿の造りは確認できず。
佐渡の神社は、ほとんどこうだ。


大目林(神体山)

鳥居

社殿

本殿覆屋

社殿

拝殿内、少し本殿が見える

境内から真野湾が見える

大目神社
延喜式内社、佐渡国九柱の一つ。 ニの宮ともいう。祭神は大宮売神(オオミヤメノカミ)とされている。 和名抄に見える「大目郷」の神であろう。背後の大目林は神体山である。
「佐渡志」に「徳治二年(一三〇七)七月、吉岡地頭本間遠江守 この社を修理せし時の棟札は今も残れり」とある。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 大目神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index