HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


末刀岩上神社
まといわがみじんじゃ
[京都旅行] 京都府京都市左京区松ヶ崎林山30  Zenrin Data Com Maps display !!

式内論社 山城國愛宕郡 末刀神社

御祭神
祭神不詳

京都市左京区にある。
北山通りに近い松ヶ崎。宝が池通りのそば。

八月後半の残暑(酷暑)の中、レンタサイクルで京都市内を
走り回って、気が遠くなりそうになりながらの参拝。
そんな時の神社境内は、間違いなく都会のオアシスだ。

本来は岩上神社という社名。
式内・末刀神社ということで、末刀岩上神社と石柱に刻まれていた。

当社は本殿がなく、平らな岩が御神体として祀られている。
兵庫の海中で霊光を発していた岩らしいが。

参拝中、磐座の後方の木の陰に、人の気配。
しばらく見ていたが、じっとして動かない。
ひょっとしたら霊か、とも思ったが、
真昼の炎天下で、それはないだろう。
などと考えている間も、じっと動かない。

気になって仕方が無いので、小声で、
「何してるんですか?」と問うてみた。
虫の観察をしているという返事で、
どうやら京大の学生(あるいは研究者)のようだ。

このクソ熱い夏の午後に、大変だなぁと感心。
そんな自然が残っているのも神社の価値なのかもしれないな。


社号標

鳥居

境内

磐座

 狐坂・宝ヶ池へ至る林山の西麓に西面して 鎮座。社殿を設けず天然の岩を神石とするとこ ろからその名がつけられた。当地域には露出し た岩の山肌が多く、松樹茂る所であり古くから 清浄の地として知られるが、当社も林山を背景 とした古代祭祀の磐座信仰の地であったと推定 される。神石は昔、兵庫の海中で霊光を発して いたものを得て勧請したと伝え、古くから漁猟・ 牛馬の神として信仰されていた(京都府愛宕郡村 志)。境内には寛政一〇年(一七九八)銘の石灯籠 や大正二年(一九一三)銘の「式内末刀岩上神社」 碑文が残されているが、末刀が松の字に通じる ところから「延喜式」神名帳にみえる末刀神社を 併称するようになったものである。しかし当社 を式内社末刀神社とみなす確たる裏付けはない。

−『寺院神社大事典 京都・山城』−



最終更新日:2013/10/09
【 末刀岩上神社 岩上神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index