HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


糸井神社
いといじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県磯城郡川西町結崎68  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 大和國城下郡 糸井神社 靫
旧村社

御祭神
本殿 豊鍬入姫命
二ノ宮 猿田彦命
三ノ宮 綾羽明神
四ノ宮 呉羽明神

天日矛命 『糸井神社祭神考』

島の山古墳の東。大和川沿いにある。
宮前橋のたもとに、南面して赤い鳥居。

創祀年代は不詳。
昔は、春日社ともいい、結崎明神とも呼ばれていた。

糸井造の祖神を祀ったものと考えられ、
一説には天日矛命を祭神とする。

本殿に祀られる、豊鍬入姫命は、別名、大倭明神と呼ばれるが、
これは、渟名城入姫命との混同だろう。

境内案内では、祭神は綾羽と呉羽。諸説あるようだ。

本殿の右側に小祠の境内社が並ぶ。
三つの祠が本殿と同じ向き。
右手の祠は横を向いており、狛狐が置かれていたので稲荷社だとわかる。

『式内社調査報告』によると、
境内社は、春日、大国主・事代主、住吉、稲荷。


境内

本殿

本殿横に並ぶの境内社

糸井神社
 この神社は、約千年前の「延喜式」という書物 に糸井(神)社として記されている由緒ある古社で、 祭神は名称のとおり糸に関係する綾羽・呉羽が 主神であるとされている。境内には本殿・拝殿・ 宝庫などがあり、さらに4つの境内社をもつ大規 模な神社で春日大社から移建されたといい伝えら れ手法も春日大社の社殿とよく一致しています。
 秋祭りは、毎年十月の第四土曜日(宵宮)第四 日曜日(本祭)の両日に行われるが糸井神社の氏子 が輪番でつとめる当家(頭屋)の行事は「当家相 撲」があるなど格調高く、大和祭礼のなかでも最 も注目すべきものです。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 糸井神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index