[HOME]  >   [廃絶神社]  >
メニューを表示する 表示用ページ


龍頭山神社
りゅうとうざんじんじゃ
朝鮮慶尚南道釜山府辨天町


五七の桐

旧國幣小社

御祭神
天照大神 國魂大神 大物主命
表筒男命 中筒男命 底筒男命

釜山(プサン)にあった神社。

延宝六年(1678)三月倭館移転の際、
対馬領主・宗義貞が日韓商船の安全守護として
現地に金刀比羅宮を奉祀したのが起源と言われている。

初めは金刀比羅神社と称していたが、
明治二十七年居留地神社、明治三十二年龍頭山神社と改称。

釜山府の総代神として、また鮮満関門の守護神として崇敬された神社。
昭和十一年八月一日國幣小社に列格した。


境内全景

境内

境内

参道

境内

社殿

國幣小社 龍頭山神社
鎮座地朝鮮慶尚南道釜山府辨天町
交 通關釜連絡船にて釜山桟橋下船、一粁餘、又は 朝鮮鐡道局京釜線によれば釜山本驛から約一 粁、共に電車がある。
祭 神天照大神 國魂大神 大物主命 表筒男命 中筒男命 底筒男命
例 祭十月十六日
 釜山市街の中央に聳える丘陵龍頭山上にあり、龍頭山一 帶は公園となり、神社は釜山市民の守護神として、また朝 鮮最古の歴史ある神社として、崇敬が厚い。
 即ち社の創建は遠く三百數十年前で、慶長年間に對馬の 領主宗義智が、日韓修交のために倭館を釜山鎮に設置して から、この地に居留するものが多くなり、延寶六年三月我 が居留民を草梁頂即ち今の釜山港に移した時、日韓商船の 安全を謀らんがため、龍頭山の景勝地を卜して、金刀比羅 大神を奉祀したのが當社の起原であると傳へられてゐる。
 明和二年住吉大神、菅原道真、慶應元年二月天照大神、明 治十三年八月宗義智、同三十二年四月素盞鳴尊、息長帶姫命 並に豊臣秀吉を合祀、昭和十一年八月一日國魂大神を御加 列、國幣小社に列せらるゝと共に菅原道真、宗義智並に豊臣 秀吉を攝社龍尾山神社に奉遷した。社號は始め金刀比羅神 社と稱へ奉り、明治二十七年居留地神社と改稱し、同三十 二年その規模を擴張し龍頭山神社と稱することゝなつた。
 昭和十五年以降二千六百年記念事業として、第一期總工 費八十餘萬圓を以て新殿御造營中である。

−昭和十八年発行 『神国日本 神まうで』−


最終更新日:2013/10/09
【 龍頭山神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index