HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


大穴持美代神社
おおなもちみしろじんじゃ
[石川旅行] 石川県羽咋郡志賀町梨谷小山10−273  Zenrin Data Com Maps display !!


八重桜

式内社 能登國羽咋郡 久麻加夫都阿良加志比古神社
式内社 能登國羽咋郡 大穴持像石神社
旧村社

御祭神
大穴牟遲神 少名毘古那神

石川県志賀町にある。
志賀町役場から、北東へ3Kmの梨谷小山に鎮座。
川沿いの道から少し南へ入ったところに境内があるのだが、
鳥居は、かなり手前にあったように記憶している。
当社への参拝では、周囲の道をかなり走り回ったので、
方向感覚がなくなっており、正確な場所は、うまく説明できないのだが。

とにかく、鳥居から少し入った場所、道の側に社殿がポツンと立っていた。

社殿の後方の茂みに、「埋蔵文化財包蔵地」と記された案内が立っていたが、
何が、どこに埋まっているのか、埋まっていたのかはわからない。

創祀年代は不詳。

社伝によると、出雲から船に乗って当地に着いた
「大真石」を御神体とする神社であるといい、
往古は、大穴持像石神社と称した時期があるらしい。

よって、式内社・大穴持像石神社の論社の一つで、
寺家の大穴持像石神社や、町の八千鉾神社と、
式内社論争を行ったこともあるが、根拠に乏しいとされ、
詮議未決に終わった経緯があり、
明治六年四月に、身代神社と改称するように指示されたらしい。

『特選神名牒』には、
「旧来、同郡町村と梨谷小山の両社を
像石神社として互に争論ありしかど、
寛延二年社号帳に町村は住吉大明神、小山村は三代大明神と記したるを、
宝暦十年の帳には町村を大穴持社、天明後は同所を八千鉾社とし、
小山村を大穴持身代社と記せるなど甚だ疑はしければとらず。」とある。


また、当社は式内社・久麻加夫都阿良加志比古神社の論社でもある。
久麻加夫都阿良加志比古神社に関しては、
『加能越三州地理志稿』には、「在堀松庄梨谷小山村」とあり、
『能登名跡志』には、「梨谷小山村に阿良加志比古の神社立ち給ふ」とある。
梨谷小山には当社が鎮座しており、上記の各記述は当社のこととする説がある。


参道鳥居

社殿

境内


社殿扉に神紋

社殿背後の森
「埋蔵文化財包蔵地」


最終更新日:2013/10/09
【 大穴持美代神社 (志賀町)(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index