HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


吉田神社
よしだじんじゃ
[京都旅行] 京都府京都市左京区吉田神楽岡町

吉田神道根本道場 末社斎場所大元宮
八角形の本殿に六角の後房を付した重要文化財。
本殿の周りを長棟の延喜式内社三一三二社が取り囲み、
天神地祇八百万神を祭っており、内院参拝で拝することができる。
本殿後方には、伊勢神宮内宮・外宮もある。
昔は、神祇官八神殿も後方にあったが、現在は跡だけ。


境内

社殿

大元宮本殿

本殿周囲の天神地祇

古来より、「吉田小社八所」と呼ばれた八つの社があり、
四社は若宮社、神楽岡社、一言主社、今宮社。
他の四社は「此外四所、自古 不知御名」
つまり、分からないようだ。


神楽岡社

神楽岡社

攝社 神楽岡社
祭神 大雷神・大山祇神高靇神
例祭 九月二十三日
神幸祭 十月下旬
由緒 延喜式に霹靂神神楽岡に坐すとあり、神楽岡地主の神又 雷除の神として崇敬厚く同町の氏神である。

−境内案内より−



若宮社

若宮社

若宮社
祭神 天忍雲根命
例祭 十二月十七日
由緒  天忍雲根命は本宮第三殿の祭神 天之子八根命の御子で水徳の神である。 初め本宮第二殿と第三殿の間に祭 られてあったのを後醍醐天皇延元 元年吉田兼熈が社殿を造営し 後光明天皇慶安元年(西暦一六四八年) 此処に遷座。

−境内案内より−



今宮社境内

今宮社

今宮社本殿

本殿周りに四神石。東南に青龍石、西南に白虎石、西北に玄武石。朱雀石は本殿内部。


青龍石

白虎石

玄武石

今宮社
祭神 大己貴神・大雷神・健速須佐之男命
例祭 八月二十四日
神幸祭 十月
由緒 鎮座の年代は不詳。順徳天皇建保三年 (西暦一二一五)吉田小社註進状の内にその名 既に明かで光格天皇、文化十三年 (西暦一八一六)現地に造営され木瓜大明神 と稱し吉田町の産土神である。

−境内案内より−



神龍社

神龍社

神龍社

神龍社
祭神 従二位 卜部兼倶卿
例祭 二月十九日
由緒  卜部(吉田)兼倶卿は吉田神道の根元殿 堂たる大元宮の創始者で、後柏原 天皇永正十年(西暦一五一三年)二月鎮祭。 俗に百段さんと親しまれている。

−境内案内より−

上記の他に境内社として、菓祖を祀った菓祖神社、
創祀者である藤原山蔭を祀った山蔭神社などがある。
さらに、参道脇には祖霊社、龍澤池の畔にも小祠があった。

また、参拝時に見落としたが、三社社や稲荷社、天満宮もあるらしい。


菓祖神社

菓祖神社

山蔭神社

山蔭神社

山蔭神社社殿

祖霊社

孝明天皇寄進の学び藤

龍澤池


最終更新日:2013/10/09
【 吉田神社 (京都) その2(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index