HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


吉田神社
よしだじんじゃ
[京都旅行] 京都府京都市左京区吉田神楽岡町  Zenrin Data Com Maps display !!


下がり藤

朱印のページへ!!

旧官幣中社

吉田神社公式サイトを開く

御祭神
健御賀豆智命 伊波比主命 天之子八根命 比売神

京都大学の近く、神楽岡(吉田山公園)にあり神域は広い。
東大路から東一条通を東へ進むと、鳥居。

参道の階段を上ると境内がある。
境内は広く、境内社も多い。
本殿は四棟並んだ春日造り。中門から拝する。

一説には、永延元年、山蔭中納言(藤原山蔭)により創祀。
社伝では貞観年元年の勧請とする。

藤原氏の氏神で、平城京に春日大社、長岡京に大原野神社
そして平安京に当社・吉田神社が祭られたという。

二十二社の一社に数えられ、
延文五年(1360)正一位を授けられた。

当初は、吉田二本松町辺りにあったらしいが
文明年中(1469〜87)、現在地に遷座したという。

文明十六年吉田兼?によって設けられた吉田神道根本霊場である「大元宮」には
式内社三一三二座すべてが祀られている。お得。


節分祭が有名で、疫神祭・追儺式・火炉祭の儀など。


東一条通の鳥居

参道の鳥居

境内

神鹿像

さざれ石

境内の鳥居

中門

四棟の本殿

吉田神社
 祭神として、健御賀豆智命伊波比主命天之子八根命比売神の四神を祀る。
 貞観元年(八五九)藤原山蔭卿が平安の鎮守神として 藤原氏の氏神である奈良の春日社四神を勧請したのが 当社のはじめである。以来人々の信仰厚く、式外社ではある が二十二社に加えられ、延文元年(一三五六)正一位の神階 を授けられた。ついで室町時代の中頃神官吉田(卜部) 兼倶が吉田神道(唯一神道)を大成し、東南山上に 斎場所太元宮を造営してから、吉田流神道の総家と して明治に至るまで神道界に大きな権威をもっていた。
 本殿は慶安年間(一六四八〜一六五一)の建築で朱塗 春日造りである。このほか四脚中門・御廟・神供所などがある。
 境内には太元宮のほか、末社・攝社が多く、中でも神楽 岡社は「延喜式」にも記載された地主神として、また雷除 神として有名である。神竜社には吉田兼倶を祀っている。
 祭礼のうち節分祭(毎年節分の当日を中心に前夜 三日間にわたって本宮および太元宮で行われる)は疫神祭・ 追儺式・火炉祭の三部に分れ、室町時代以来の伝統 をほこる神事で多数の参詣者で賑う。

−境内案内より−


もっと詳しい内容へ

最終更新日:2013/10/09
【 吉田神社 (京都) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市