HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


熊野若宮三社神社
くまのわかみやさんしゃじんじゃ
[京都旅行] 京都府京丹後市久美浜町品田大谷宮  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 丹後國熊野郡 熊野神社
旧村社

御祭神
天熊人命

京都府京丹後市にある。
久美浜駅の南東5Kmほどの品田に鎮座。
312号線を4Kmほど南東に進み、
友重付近で706号線を1Kmほど南下。
706号線の西側の狭い道に入り、
道が分岐する地点に参道入口がある。

階段を上り、鳥居をくぐると猪(鹿)除けのフェンス扉がある。
参道を西へ進むが、参道脇に上に通じる階段があり小祠の境内社がある。
さらに参道を進むと、階段上に社殿が見えて来る。

階段を上ると、大きな木の奥に社殿が鎮座。
入母屋造の拝殿の後方に、廊下でつながった本殿が
覆屋の中に納まっている。

山の端にある木々に囲まれた静かな境内。
参道脇には切り出された竹が積まれていた。

当社の社号は、『式内社調査報告』では「熊野若宮三神社」。
『全国神社名鑑』や『平成祭データ』では「熊野若宮三社神社」となっている。

熊野大明神とも称された神社。

崇神天皇の御代、四道将軍の一人・丹波道主命によって
出雲の熊野大神が勧請されたという。

三代実録に「正五位下熊野神」とある神社で
式内社・熊野神社の論社。

『平成祭データ』熊野新宮神社の由緒には「郡内熊野神社の三社」とあり
当社と兜山の熊野神社河梨の熊野新宮神社は、
ともに式内社・熊野神社の論社となっている。

祭神は天熊人命だが、
素盞鳴尊とする説、伊弉諾尊伊弉冊尊とする説があり
天熊人命=素盞鳴尊とも考えられているらしい。

天熊人命は、『日本書紀』に登場する神。
月夜見命が、口から食物を出す保食神に怒って殺してしまい天照大神と決別した後、
天照大神に遣わされて保食神の死を確認した神が天熊人命。

『古事記』では、素盞鳴尊が大気津比売神を殺す記述になっており
天熊人命ではなく、月夜見命=素盞鳴尊とする方が自然な解釈なのだが。

『平成祭データ』によると末社は四社。
白山神社(櫲樟日命)、八坂神社(須佐之男命)、
八幡神社(應神天皇)、金刀比羅神社(大物主命)。
境内右手の境内社が八坂社(牛頭天王)であることは確認できたが
残りの境内社は確認していない。


参道入口

猪除けのフェンス

参道脇の階段上に小祠

参道

参道

境内

社殿

社殿

覆屋

本殿

境内左手の境内社

右手の八坂社

当社は、崇神天皇の代の創建と伝え、延喜式内社の古社である。
三代實録、大日本神祇志科等に素盞鳴尊または、諸冊二神と伝える。社宝として随神二体を存ずる。鎮座する地区名も品田(ホンデ)と云い、古い地名である。地区内に禰宜屋敷等、神社に関係する地名が多い。
大正2年神饌幣帛科供進神社の指定を受ける。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 熊野若宮三社神社 (久美浜町品田) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市