HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


森神社
もりじんじゃ
[滋賀旅行] 滋賀県高島市新旭町旭1156  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 近江國高嶋郡 大寸神社
旧村社

御祭神
八衢比古神 八衢比賣神 久那戸神

滋賀県高島市にある。
新旭駅の北500mほどの新旭町旭に鎮座。
東西に走る道路に、南へ続く道路が交叉したT字路にある。

境内入口は南向き。
森神社の社号の通り、外から見ると木々の多い神社だ。
境内に入ると正面に拝殿。
拝殿の後方に、垣に囲まれた本殿がある。
唐破風と千鳥破風をあわせ持つ本殿は、少し変わった形。

本殿の後ろには、御神木のタブノキ。
推定樹齢は1200年。

社伝によると、
至徳二年(1385)、大和国から勧請され、
創立以来、道祖神として崇敬された神社。

式内社・大寸神社に比定されている神社だが、
社伝が正しければ、平安時代の延喜式に記載されているはずがない。

当社が大寸神社であるとする根拠は、
森神社の社号を、大寸神社の誤字であろうとする推測のみ。
寸は「村」の略字と考え、大寸 = 大村。
さらに、大村 = 大林 = 森 と変化した誤字だという。

本殿に右手に、小さな小祠・五十鈴神社(天照大神)。
境内左側に、饗庭神社(貞隆親王)。
境内社は、もう一つあったが詳細は不明。

境内隅には、鎌倉時代の石造宝塔が置かれている。


社域

境内入口

境内

拝殿

本殿千鳥破風

境内社

本殿唐破風

五十鈴神社

本殿後ろのタブノキ

タブノキ

境内左の饗庭神社

境内隅の石造宝塔

森神社

由緒
至徳二年(1385年)大和国より勧請して産土神として奉祀。以来道祖神と称していたが、明治元年(1868年)に現在の社号に改められた。明治九年村社に指定、大正十四年神饌幣帛料供進に指定された。
明和元年(1764年)よりのことを書いた「森村永代年表記」によると寛政四年(1792年)本殿再建・文化五年(1808年)正面石垣造営・慶応二年(1886年)拝殿再建・明治十年(1877年)鳥居建立とあり、屋根の葺替えは明治四年より十年毎に行われている。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 森神社 (高島市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市