HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


韓國神社
からくにじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市城崎町飯谷字落シケ谷250−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 但馬國城崎郡 物部神社
旧村社

御祭神
物部韓國連眞鳥命 物部韓國連墾麿命

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・城崎温泉駅の東2Kmほどの飯谷に鎮座。
9号線を進み、円山川にかかる城崎大橋を渡る。

地図で位置を確認すると、9号線の側にあるように見えたので、
9号線を道なりに進み飯谷峠を越えたが見当らず。

引き返して、円山川の支流であり
楽々浦へ流れる飯谷川に沿って、9号線から南に逸れ
集落の中の道を奥へ進むが見当らず。

仕方がないので、飯谷集落の手前に車を止め、
集落の北東へ続く小道を探して到着。
小道の入口から、300mほど歩いただろうか。
飯谷峠へ向かう谷というか、そういう場所にある。

小道の参道を進むと、白い石の鳥居が見えてくる。
参道には大きな灯籠。鳥居の前には
「韓國神社」と刻まれた社号標。

苔生した参道を進むと正面に拝殿。
後方には本殿を納めた覆屋があるが
本殿は確認していない。

参拝は、五月の休日。雨上がりの午後。
雨後の蒸気というか、植物の発する
ムッとする空気が充満した境内だったが、
それは雨のせい。

物部神社とも、韓國神社とも
震旦国明神とも称された神社。

社伝によると、
武烈天皇の命を受けて
韓國(朝鮮)へ派遣された物部眞鳥(まとり)が
但馬の水戸(楽々浦)に着き、都へ報告に上った。

その功績によって、韓國連を賜わり、
以後、物部韓國連眞鳥と称した。

眞鳥の子・渚鳥(すとり)は
欽明天皇の頃、城崎郡司となり飯谷付近を開墾。
渚鳥は、名を墾麿と改め、
地名を墾谷とし、墾谷が針谷となり
現在の飯谷となったという。
墾麿(渚鳥)は、墾谷の丘に父・眞鳥を祀り
韓國神社と称したという。

天武天皇白鳳三年、墾麿の子である
物部韓國連鵠が、祖父(眞鳥)と父(墾麿)を当地に祀り
物部神社と称し、延喜の制小社に列した。

いつの頃からか、祭神が素盞嗚尊とされ
明治以降、韓國の社号となったという。

さすがにコウノトリの郷・豊岡市。
鳥に関連する名を持つ神々が登場する。

当初は、飯谷川の上流、
通称「森さん」と呼ばれる場所にあったが
その後、現在地から700m奥の宮ノ下へ遷座。
昭和二年三月七日、
奥丹後震災による山崩れにより社殿を全壊し。
現在のシケ谷へ移転新築された。

境内の左手に境内社の祠が3つ。
一番左の大きな祠は、扉が開いており
中に「養父神社」という名前が見えた。
他の二つは未確認だが、
『式内社調査報告』には境内社として稲荷神社が記されている。


境内入口

鳥居

境内

境内社3つ

拝殿

社殿

本殿覆屋

拝殿


最終更新日:2013/10/09
【 韓国神社 韓國神社 (豊岡市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市