HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


熊野神社
くまのじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県淡路市王子122  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に若一

式内社 淡路國津名郡 志筑神社
旧村社

御祭神
伊邪那美尊 國常立尊 天照大御神

淡路島の淡路市(旧津名町)にある。
津名港から、宝珠川を北西に3Km遡った王子に鎮座。

境内は南東向き(宝珠川の河口方向)。
境内入口の前、数十mの位置に新しい鳥居が建つ。
鳥居の脇に、境内に対面する丘へ上る道があり、
上ってみると、林の中に、なにやら祭祀の場があった。
御旅所だろうか。


御旅所か


数段の石段を上ると、少し広めの境内があり、
正面に拝殿。
拝殿の後方に、王子造の本殿があり、
その左右に、事解男命社と速玉男命社の二つの境内末社。

創祀年代は不詳。

境内入口に石碑が建っており、
「元志筑神社若一権現」と刻まれている。
式内・志筑神社の論社の一つだが、根拠は不明。
一般には、当社の南東500mにある志筑神社が本命とされている。

以前は、若一王子権現と称しており、
紀伊・熊野からの勧請らしい。
当地・志筑郷は、平安時代には新熊野社の荘園であったことから、
当時の勧請ではないかと考えられている。

鎮座地の「王子」は、当社の社名から取られたものだろう。

拝殿の瓦に、丸に「若一」という紋が付いていた。
神紋かどうか、定かではないが、昔の社名を象徴しているのだろう。

境内の右手に少し離れて、「熊野荒神」を祀った小祠がある。
熊野神の荒魂を祀った祠かとも思ったが、
熊野社の境内に祀られた、荒神だろうと思う。


社域

境内入口

拝殿

本殿

本殿

本殿後方左・事解男社

境内右手の熊野荒神社

本殿後方右・速玉男社

熊野神社
 祭神国常立尊 伊弉冉尊
天照大神若一王子
 末社速玉男命 事解男命
 この宮のしづまる丘を那智山といい 紀州 熊野神社の神を お祀りしてあります 創祀については「若一王子熊野より五色 の雲に乗り云々」の伝記は残っているが時は遠く不明です
 平安のはじめ延長五年(九二七年)の延喜式によって式内小社 と定められ明治初年まで約千年の間  志筑神社若一権現 の社名で志筑郷の総郷社と してあがめられた
 明治六年二月神社制度改定に当って社名を熊野神社、社格 は村社と定められ昭和二十年にいたった(その後社格は廃止なる)
 例大祭 四月十五日 夏祭 七月十五日

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 熊野神社 (淡路市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市