HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


久我神社
くがじんじゃ
[京都旅行] 京都府京都市北区紫竹下竹殿町47  Zenrin Data Com Maps display !!


加茂葵

式内社 山城國愛宕郡 久我神社
賀茂別雷神社第八摂社
旧村社

御祭神
賀茂建角身命

御祭神には以下の説があったようだ。
賀茂別雷神社所蔵『尊号諸家之説』より
國常立尊賀茂清令伝(明暦〜延宝ノ人)
天兒屋根命
天太玉命
賀茂清豊伝(寛文・延宝年間ノ人)
天兒屋根命賀茂氏徳伝(万治〜延宝ノ人)
大物主神賀茂至直伝(寛文〜元禄ノ人)
武甕槌神賀茂季芳伝
建角身命賀茂清茂伝(宝永〜延享ノ人)

上鴨神社の南西、鴨川の対岸の紫竹の街中にある。
西側の入口・鳥居をくぐると南面した社殿が無防備に側面を見せている。

式内社・久我神社に比定されている古社。

賀茂一族の氏神で、氏神社ともいう。
上鴨神社境内にあると思って社務所で聞くと、ここだと教えられた。

境内の由緒書きには、賀茂別雷神社第八摂社とあるが
『式内社調査報告』には、もとは第八摂社だったが、
明治十年三月二十一日に第六摂社に定められたとある。

上記のように祭神には異説もある。

とにかく、オープンな社殿という印象。
通常の神社であれば、鳥居をくぐると参道があり、拝殿の奥に本殿がある。
本殿の周りには、高い垣や植栽によって、一応の目隠しがあったり、
簡単には近づけないようになっている。

当社の場合、鳥居をくぐると、目の前にいきなり社殿が立っている。
明るくて、気持ちが良いのだが、落書きや壁打ちが心配になる。

こういう神社ばかりなら撮影は楽なんだが。


鳥居と入ると、社殿が目の前

境内

本殿

拝殿

賀茂別雷神社第八摂社 久我神社
祭神
賀茂建角身命 一柱一座
御神徳
御祭神が八咫烏となって道案内をされた御事蹟により、航空、交通 安全の守り神として広く信仰され、又近隣各町の氏神として敬われている。
御由緒
延喜式内の古社。神武天皇御東進の際、八咫烏と化って皇軍を導き 給い、賊徒の平定に功をたて、のち山城国に入り、この地方に居を 定めて専ら国土の開発、殖産興業を奨め給うた最初の神であって、 賀茂県主の祖神である。
本殿は一間社流造りで、拝殿と共に寛永五年(一六二八年)の造営 である。
鎮祭当時より大宮と称えられたので、その前の通りを大宮通りと呼 ぶようになったと言う。
京都市の指定史跡である。
祭典
例 祭 四月一日、十一月一日
神幸祭 十一月三日
八朔祭 九月一日

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 久我神社 氏神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市