HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


畝尾坐健土安神社
うねおにますたけはにやすじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県橿原市下八釣町138  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 大和國十市郡 畝尾坐健土安神社 大 月次新嘗
旧村社


御祭神
健土安比売命 天児屋根命

奈良県橿原市にある。
天香久山の北西。天香山神社のそばに鎮座。
境内は狭く、拝殿前に小さな鳥居がある。

『大和志』では「今称天照大神」とあり、
近世に天照大神社と称したが、
式内社・畝尾坐健土安神社に比定されている古社。

祭神・健土安比売命は、古事記において、
イザナミ神が、火之迦具土神を生み、病臥された時、
尿から、波邇夜須比古神と共に生まれた波邇夜須毘売神
いわゆる、土の神である。

古来、天香具山の土は、呪力あるものとして神聖視されており、
『日本書紀』神武天皇即位前紀己未年二月二十日の条に、
「天皇、前年の秋九月を以て、 潜に天香山の埴土を取りて、
八十の平瓫を造りて、躬自ら斎戒して諸神を祭りたまふ。
遂に区宇を安定むること得たまふ。故、土を取りし処を号けて、埴土と白ふ」
という埴安の地に祀られた土霊が当社であるという

配祀の天児屋根命は、境内社・春日明神を合祀したもの。


社殿

庚申石碑

本殿

畝尾坐健土安神社
 奈良県橿原市下八釣町にある神社。天香久山 北西麓、畝尾都多本神社北隣に鎮座。祭神は健土安比売命天児屋根命。近世に天照大神社と 称したが、「延喜式」神名帳十市郡の「畝尾坐健 土安神社大、月次新嘗」に比定(大和志)。旧村社。畝 尾の訓について、「延喜式」金剛寺本はウネヒ、 九条家本はウネヲとし、十市郡には畝尾都多本 神社の名もみえる。「古事記」神代巻の「香山も 畝尾の木の本」はウネヲと読むのが定説になっ ており、式内社の場合は香山のうねりをもった 山の尾に鎮座する神と解釈されている。畝尾坐 健土安神社は「日本書紀」神武天皇即位前紀己未 年二月二〇日条に「天皇、前年の秋九月を以て、 潜に天香山の埴土を取りて、八十の平瓫を造り て、躬自ら斎戒して諸神を祭りたまふ。遂に区 宇を安定むること得たまふ。故、土を取りし処 を号けて、埴土と白ふ」とみえる埴安に鎮座し た土霊とされる。天平二年(七三〇)神戸の租稲 九〇束のうち四束を祭神料に充てられ(「大倭国 正税帳」正倉院文書)、天安三年(八五九)一月二七 日、従五位下より従五位上に昇叙した(三代実録)。 また大同元年(八〇六)に大和国に神封一戸を充 てられた畝尾神は(新抄格勅符抄)、当社のことか 畝尾都多本神社のことか明らかでない。なお 「日本書紀」神武天皇即位前紀戊午九月条に埴 土を取ったと記す「天香山社」は、同じく十市郡 の式内社天香山坐櫛真命神社のことではな く、当社をさすとする説がある(大和志料)。神 社と天香久山の間に赤埴山という小丘があり、 埴安伝承地の石碑が建つ。「磯城郡誌」は「赤埴 山。香久山の西北に接続し、全山赤色粘土なれ ば赤焼土器に適するならん。土人これを赤せん 山と称し、香久山の中央西側は白色粘土なるを 以て、土人これを白こと称せり」と伝える。

−『大和・紀伊 寺院神社事典』−



最終更新日:2013/10/09
【 畝尾坐健土安神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市