HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


於美阿志神社
おみあしじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県高市郡明日香村大字檜前字ヒガキ阪594  Zenrin Data Com Maps display !!


十六菊

式内社 大和國高市郡 於美阿志神社
旧村社

御祭神
阿智使主神夫妻二柱

奈良県の明日香村にある。
飛鳥駅の南。石舞台から西に鎮座。
畑の中にこんもりと林。だた木々は少ない。

参拝時には、拝殿の裏の、石台の上に玉垣があり、中央に石があった。
本殿のない、磐座構造なのかと、思っていたのだが、
その後、その上に本殿が造営されたという情報をいただいた。

あれは、仮の姿だったようだ。
拝殿内に、仮殿らしき祠があったのは、そういうことか。

境内には、十三重の石塔がある。

式内社・於美阿志神社に比定される古社。
江戸時代には御霊神社とも称していたらしい。

応神天皇の御代に、百済からの渡来した
氏族阿智使主(あちのおみ)の居住地跡。
一族が当地に桧隈寺を営み、当社はその鎮守の社。

祭神は、その阿智使主夫妻。
神社境内に、桧隈寺跡があり、塔・講堂などの建物跡が残っている。

本殿は、もとは現社務所の西側にあったが、
明治四十年、桧隈寺金堂跡に遷座した。

再建された本殿に、菊紋が付いているということ。
神紋かどうかは、定かではない。

境内にはいくつかの境内社が存在するが詳細は不明。
『奈良県史』によると、八坂神社、春日大明神、富士大権現、金毘羅大権現、
鎮守大権現、稲荷大明神、蔵王大権現などがあるらしい。


鳥居

拝殿

拝殿内。仮殿か?



拝殿後方の玉垣

参拝時、本殿はなかったが、
2000/10現在新築されている

神奈備提供

垣内に石、磐座か?

拝殿

境内社

境内社

境内社

十一重しかない十三重石塔婆

於美阿志神社
桧隈は、百済から渡来した阿智使主(あちのおみ)が居住したと 伝えられ、於美阿志神社はその阿智使主を祭神と する。桧隈寺跡は、その神社の境内にあり、塔・ 講堂と推定される建物跡をのこす。「日本書紀」 天武天皇朱鳥元年の条に桧隈寺の寺名がみえ、寺 跡からは、7世紀末の瓦が出土する。現在塔跡に ある十三重石塔は上部の一部を欠いているが重要 文化財に指定されている。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 於美阿志神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市