HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


荒田神社
あらたじんじゃ
[和歌山旅行] 和歌山県岩出市森237  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 紀伊國那賀郡 荒田神社二座
旧村社

御祭神
高魂命 劔根命高魂命五世孫、荒田直の祖)

天疎向津姫命 氣長足姫命 誉田別命 大山咋命 大山祇命 天忍穂耳命
『神社明細帳』

和歌山県岩出市にある。
根来寺の南1.5Kmほどの町の中。
社前に民家が迫り、神社としての雰囲気は少ない。
空き地・広場の奥に社殿がある感じだった。

社殿の造りは大きく、立派なのだが、かなり荒れて傷んでいる。
鳥居は石造りだが、補強されているところをみると、これも危ないのか。

創祀年代は不詳。
式内社・荒田神社に比定されている古社。
祭神は高魂命と五世孫の劔根命
荒田直の租神を祀る神社と考えられている。

「荒田」という名は、天照大神の荒魂の意味であり、
廣田神社と同神とする説があり、祭神もそのように考えられる場合がある。
また、応神天皇皇女荒田皇女を祀るという説もあり、確定できない。

『紀伊続風土記』『名所図会』では、「和泉国大鳥郡陶荒田神社」と同神としているが、
この地に陶器生産に関する由来はない。

かっては、森、堀口、川尻、今中、西坂本、押川六ケ村の産土神であり、
庄中の末社百二十四社という大社であったという。

明治六年四月村社に列し、明治四十一年四月、山王神社・八王子神社を合祀した。

三間流れ造の社殿は、堂々として立派だ。
傷みが酷く、もったいない。
瑞垣内本殿右に、末社が一つある。形式としては数社の合祀。
『和歌山県神社明細帳』には、境内神社として、
丹生神社(丹生都比賣命)、八坂神社(素盞嗚尊)、九社神社(底綿津見命他)、
愛宕神社(香具都智命)、稲荷神社(倉稲魂命)があげられている。
『和歌山県神社誌』には、境内社は丹生神社と八坂神社となっている。


鳥居

境内

拝殿

本殿

本殿

境内の末社

本殿

本殿右の末社

祭神高魂命は即ち高御産巣日神(古事記)であっ て、劔根命はその五世孫にあたり、その子孫に葛城直があ り、荒田直もその一族であって、「劔根命之後」である。
『名所図会』によれば、当社は「荒田の直が祖高魂命、お よび劔根命」を祀ったことになる。葛城直といえば、「九 州日田の豪族として、神武天皇の東征に従」(『姓氏家系大 辞典』)ったと考えられ、おそらくは紀伊国とも無縁ではな かったろうし、荒田別は、紀伊国荒河戸畔の女を母にもつ 豊城入彦命(崇神天皇紀)四世の孫であって、鹿我別らと共 に、神功摂政四十九年(三六九)には、卓淳国に渡り、新羅 国を破った(神功皇后紀)武将たちであって、紀氏を代表す る紀水軍とも関係深かったと思われるし、更に摂社に「丹 生都比賣神」を祀っていることなどよりして、古代紀伊国 とも縁故深く、この地に祀られたものと考えられ、地方豪 族の尊信も高かったことと思われるが、これを證する資料 はない。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/11/12
【 荒田神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市