HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


佐波加刀神社
さわかとじんじゃ
[滋賀旅行] 滋賀県長浜市木之本町川合1277  Zenrin Data Com Maps display !!


一の宮文字

式内社 近江國伊香郡 佐波加刀神社
旧村社

御祭神
日子坐王 大俣王 小俣王 志夫美宿禰王
沙本毘古王 袁邪本王 佐波遲比賣王 室毘古王

滋賀県長浜市(旧木之本町)にある。
木之本駅から東へ4Kmほどの川合に鎮座。
303号線を進み、高時川を超えて、
集落内の狭い道を上っていくと参道入口の鳥居。

鳥居をくぐり、参道に入るとすぐに、
社号印と由緒を記した石碑が立っている。

緩やかに上る参道を歩くと、正面に拝殿が見えてくる。
境内は、かなり広い印象。
立派な権現杉が聳え、幾つかの境内社やお堂が並び、
しっとりとした苔の匂いが立ち込めているような雰囲気。
(実際に苔があったかどうかは、忘れた)

空気中に水分を含んだ感触を感じるのは、
マイナスイオンが多いということだろうか。

創祀年代は不詳。

「佐波加刀」と書いて、「さわかと」と読む。

式内社・佐波加刀神社に比定されている古社で、昔は、
佐波加六所明神とも佐波加刀七社明神とも称された神社。

当初は、百聞山に鎮座していたが、
天平年間に現在地へ遷座したという。
社伝によると、百聞山は僧・行基が開いた山。
その後、荒廃したが、建久元年(1190)良峰宗勝により再興。
以後、戦乱により何度か荒廃したが、その都度再興されたという。

主祭神は、開化天皇の皇子・日子坐王
他の神々は日子坐王の御子たち。
当社は、日子坐王の後裔であった淡海国造が祖先を祀ったものらしい。

参道の神馬像に、神紋が付けられており、
由緒石碑には、「一の宮という文字を図案化」したものだとある。
「宮」はわかるが、一の宮とは読めないと思う。
僕は当初は、「幽宮」なのだと思い込んでいたのだ。

その後、「一埜宮」じゃないかという意見をいただいた。


参道入口

参道

参道

拝殿

本殿横から

社殿

八幡宮

野神

薬師堂と権現杉

子安地蔵

参道の神馬像に神紋

佐波加刀神社記
御祭神日子坐王開化天皇の皇子)、大俣王小俣王志夫美宿祢王沙本毘古王袁邪本王佐波遲比賣王室毘古王
御由緒 本社は元、百聞山に御鎮座ありしを天平年間現在の 地に遷座す。社殿は万治三年及嘉永三年に再建せ られたるものなり。當社は延喜式神名帳に載せら れたる近江国一百五十五座の中伊香郡四十六座の随一なり 即ち神紋は一の宮の文字を図案化せしものなり 御神像八体は明治三十四年三月国宝に編入せられ更に 昭和二十五年八月に重要文化財に指定せられたり 日子坐王の御陵墓は岐阜市岩田町北山にあり
例祭 四月十六日

−参道石碑より−



最終更新日:2014/04/21
【 佐波加刀神社 (木之本町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市