HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


東大谷日女命神社
やまとおおたにひめみことじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県桜井市大字山田大谷989  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 大和國高市郡 東大谷日女命神社
式内社 大和國高市郡 畝火山口坐神社 大 月次新嘗
旧郷社

御祭神
東大谷姫命 (稚姫命

桜井から15号線を南下し飛鳥へ向う途中、
山田寺跡の前を通過し、こんもりとした丘の上。

式内社・東大谷日女命神社について、『大和志』に、
「在山田村今稱八幡石燈籠鐫曰永和元年造式載在高市郡

この石燈籠は、拝殿横の簡素な囲いの中にある。
重文らしいが、囲いが簡素すぎないか。

また、当社を式内社・畝火山口坐神社とする説もあるらしい。

八幡社だったらしく、境内の灯篭にも「八幡宮」とあり、神紋も三つ巴。


境内

八幡宮の燈籠

拝殿の社号

重文の神前型灯籠



瑞垣内に3つの祠。
中央が本殿。
左右小祠は不明。
八幡だった頃の名残だろう。



 奈良県桜井市山田にある神社。山田寺跡の南 の東大谷山に鎮座。旧高市・十市両郡の境付近 である。八幡社と称していたが、「大和志」が 「延喜式」神名帳高市郡の「東大谷日女命神社」に 比定。しかし鎮座地は旧十市郡に属するため、 畝傍山の西、現橿原市畝傍町とする説(「大和国 名鑑軌図」、度会延経「神名帳考証」)、畝傍山の東、 現橿原市今井町とする説などがある。(「五郡神社記」)。 祭神は東大谷姫。社記では稚姫命のこととし、 「五郡神社記」所引の「忌部氏記録」に稚日女命は 朝日豊明姫命の隠号と記す。社名の「東」につい て渡会延経は「夜末止」と訓ずるべきであるとし (神名帳考証)、東大谷日女命神社は東漢氏の祀った ものと解する。境内に永和元年(一三七五)の神前型灯籠があり、国指定重要文化財。

−大和・紀伊『寺院神社大事典』−



最終更新日:2013/10/09
【 東大谷日女命神社 (山田) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市