HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊達神社
だてじんじゃ
[京都旅行] 京都府亀岡市宇津根町東浦1−2  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 丹波國桑田郡 伊達神社
旧村社

御祭神
五十猛命

京都府亀岡市にある。
亀岡駅の北西1.5Kmほどの宇津根町東浦に鎮座。
402号線から405号線に入り、山陰本線を越えて
北へ100mほど進むと、寺の南に境内がある。
寺の名前は、境内案内には「宝蔵寺」と書かれていたが
資料書籍や地図には「法蔵寺」とある。

境内の入口には石鳥居があり、鳥居の右脇に社号標。
社号標や鳥居扁額には「延喜式内 伊達神社」と書かれている。

鳥居をくぐると、正面には境内社の稲荷社。
参道を左に曲がると鳥居があり、奥に社殿。

社殿は、拝殿はなく本殿だけのシンプルな構造。
だが、その本殿を覆うように大きな瓦葺の覆屋があり
僕には小さな城のように思えたのだが、
今考える、それはちょっと違うかもしれない。

境内案内によると、本殿は
切石積基壇の上に土台をすえて建てられていると記されている。

創祀年代は不詳。
延享四年(1747)の大堰川の氾濫により、
隣接の宝蔵寺とともに流出してしまったため古記録が残っていない。

江戸時代までは宝蔵寺の境内社であったが、
明治の神仏分離に際し、宝蔵寺南隣の現在地に遷座した。
『式内社の研究』には、大正四年まで寺内にあったとある。
創祀の頃は、宝蔵寺の位置にあったと思われる。

式内社・伊達神社の論社。
祭神は、素戔鳴尊の御子の五十猛命
「杉、檜、楠」など八十木種を播き育てた植林の神。

『式内社の研究』には、本殿下に清泉が湧いているとあり
古代では湧水も湯と言ったらしく、湯立が訛って伊達となったと。

一説には、陸奥の藤原秀衡の三男泉三郎忠衡の別荘があり
その霊を祀って伊達宮と称したとか。
また、加塚の同名社から分祀されたとも。


社頭

鳥居扁額

境内

鳥居と社殿

稲荷社

社殿

本殿

伊達神社
 当社は平安時代中期に編纂された『延喜 式』「神名帳」にも記載された古社です。 延享四年(一七四七)の大堰川の氾濫によ り、隣接の宝蔵寺とともに流出し、記録類 も失われました。
 祭神は、素戔鳴尊の御子の五十猛命で、 「杉、檜、楠」など八十木種を播き育てた 植林の神です。
 現在、宝蔵寺に接していますが、江戸時 代には、宝蔵寺の境内社で、明治の神仏分 離に際し現在地に移転しました。
 本殿は、切石積基壇の上に土台をすえて 立つ小型の一間社流造です。その基壇には 「寛政元酉年再建」の刻銘があり、寛政元 年(一七八九)の造営であることがうかが えます。
 造りは、繊細で細部まで手が込んでおり、 境内社としてはかなり立派なもので、江戸 期の寺院鎮守社にふさわしい本殿です。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 伊達神社 (亀岡市宇津根町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市