HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大名持神社
おおなもちじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県吉野郡吉野町河原屋86  Zenrin Data Com Maps display !!


八弁菊菱

式内社 大和國吉野郡 大名持神社 名神大 月次相嘗新嘗
旧郷社

御祭神
大名持御魂神 配祀 須勢理比咩命 少彦名命

奈良県吉野町にある。
吉野町役場の東1Kmほどの河原屋に鎮座。
吉野川に沿って走る伊勢街道(169号線)に面して
南向きに鳥居が立っている。

当社背後の小山を妹山という。
妹山は伐採が禁じられている神聖な山で、
妹山樹叢は天然記念物に指定されている。
ゆえに、妹山という名は忌山とする説があるらしい。

当社の吉野川対岸の山を背山という。
妹山と合わせて妹背といい、当社のそばには吉野川にかかる妹背橋があり
浄瑠璃の「妹背山婦女庭訓」で有名な土地らしく
当社の妹背神社と呼ばれた事があるようだ。

僕は見たことがないのだが、資料によると
妹山は太宰少武国人、背山は大判事清澄の領内で、
領地争いで不和の両家の久我之助と雛鳥は恋仲という
ロミオとジュリエットのような設定に
暴逆きわまりない蘇我入鹿を、知謀に秀でた中臣鎌足が退治していくという
古代のファンタジー作品のようだ。

境内入口に石鳥居が立ち、鳥居の脇に
「式内大社 大名持神社」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐり参道階段を上ると社殿のある境内。
境内は山の斜面にあり、境内全体が石垣の上にある雰囲気。

拝殿の後方、一段高い場所に板垣に囲まれて
神明造の本殿があり、板垣の右手に神饌所がある。

交通至便の場所にあるため
吉野を訪問する時は、いつも参拝している神社。

創祀年代は不詳。
竜門郷二十一ケ村の郷社。

交通の要衝(伊勢街道と東熊野街道の分岐点)にあり、
式内社・大名持神社に比定されている古社で、
延喜の制では、名神大社であり月次相嘗新嘗の幣帛を賜った大社。
『三代実録』によると「正一位」を授けられており
大和では春日大社に匹敵する神社であった。

大汝宮、大海宮とも記された神社。
社前の吉野川潮生淵に毎年六月三十日に 海水が湧き出るとの伝えがあり
この淵で禊をする「大汝詣り」で有名らしい。

祭神は大名持御魂神少彦名命を配祀しているが、
少彦名命は本来、対岸の背山に祀られていたという。

参拝時に当社の神紋は確認していないが、
『式内社調査報告』に「神紋は八辨の菊菱」と記されている。
見ていないので正確な図案はわからないが、
とりあえず掲載してみた。

境内社は全部で四社。

境内左手に金毘羅神社と稲荷神社があり、
本殿の左右に摂社の若宮神社と水神社が祀られている。


社頭

鳥居

参道階段

社号標

境内社殿(拝殿、本殿、神饌所)

金毘羅神社と稲荷神社

本殿と若宮神社

大名持神社 (大汝宮)
 もと竜門郷二十一ケ村の式内郷社
祭神大名持御魂神
須勢理比咩命
少彦名命
 延喜式神名帳に大和国吉野郡十座の一つと して名神大社に列せられ、大月次新嘗の官弊[原文ママ] にあづかる。
 貞観元年正月二十七日正一位の神階を授け られた神徳崇高な神社である。
 神社下の吉野川潮生淵に毎年六月三十日に 海水が湧き出るとの伝えがあり、国中地方か ら当社に参詣し、この淵で禊をする大汝詣り が今日も続いている。
 神社の境内妹山樹叢は天然記念物に指定さ れている。
境内神社
 若宮神社祭神事代主神
 水神社祭神罔象女神
 金比羅神社祭神金山彦神
 稲荷神社祭神稲蒼神

−境内由緒書き−



大名持神社(大汝宮)
 大名持神社は、吉野町大字河原屋、小字妹山に鎮座されている旧式内郷社です。祭神は、大名持御魂神(おおなもちみたまのかみ)・須勢理比咩命(すせりひめのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)で、鬱蒼とした妹山樹叢山麓に、氏子の崇敬を集めて奉祀されています。
 古くは龍門郷二十一か村の大社でしたが、明治十二年八月、河原屋外二十四か村の郷社とすることに群衆合議で変更され、現在は、河原屋・立野の氏神となっています。
 境内には、紀州大真公の奉幣料と里人の資材の寄進による石燈篭があります。また、神社下には、毎年六月三十日に海水が湧き出るという古い言い伝えのある潮生淵(しおうぶち)があります。大汝詣りといって、大和国中(くんなか)の当屋の人が当神社に参詣し、ここで六根清浄の水浴をいたしました。
 妹山樹叢は当社神域に属し、昭和三年三月天然記念物に指定されています。昭和五十六年五月、吉野地方行幸に際し、陛下には妹山にお立寄りになられて親しく樹叢をご覧になられました。
 由緒沿革
 創紀の年代は詳らかではありません。延長五年(九二七)に完成した延喜式神名帳によると、大和国吉野郡十座の一つとして金峰神社とともに名神大社に列せられており、月次(つきなみ)・新嘗(にいなめ)に官弊がささげられています。
 延喜式には『大名持神社』、同式臨時祭を受ける名神二八五座の中に『大名持御魂神社一座』とあり、大神分身類社鈔によると、中世には『妹背神社』とも称されました。近時は、俗に『大汝言』(おなんじのみや)、音転倒によって『おんなじの宮』ともいわれています。
 菅原道真らの撰進した史書『三代実録』(九〇一)に「貞観元年正月二七日大和国従一位大己貴神に正一位を授く」とあり、『大和志』(一七三五)にも「貞観元年正月授正一位」とあります。貞観元年(八五九)全国で新階・新叙の神社は二六七社に及んでいますが、正一位という極位を授けられたのは、わずかに大名持神社と河内国枚岡神社のみであり、伊勢神宮・宇佐八幡は別にして、山城国の上賀茂・下賀茂の神、鹿島・香取春日の諸神に次ぐ神階を授かった極めて神徳崇高な社です
 本殿は神明造萱葺で、桧皮葺神明造の拝殿・祝詞殿・神饌所清浄手洗所・宝庫・社務所が整備されています。境内神社は、本殿に向かって左 摂社の若宮神社(祭神事代主神)と右 水神社(祭神罔象女神)、本殿西側石段上 末社の金毘羅神社(祭神金山彦神)、稲荷神社(祭神稲蒼神)です。
 境内には二十二基の石燈篭があり、その中には「文化三年十一月 大汝宮 紀伊大守大真公之奉賽料及里民之資材以両基改造也」と刻されたものや、延享元蔵子八月(一七四四)・明和甲申十二月(一七六四)・文久元年十一月(一八六一)・文化五年七月二十八日(一八〇八)の記銘のあるものがあります。
 営繕について、正徳二年(一七一二)の御宮上葺の記録、天保二年十月(一八三一)の屋根替届書控、明治十八年三月上棟の棟札が残っています。
 『大和名所図会』(1791)に「大名持神社 妹山にあり 山は河原屋村に属す。 境内に大海寺あり。云々」 とありますが、神社東南方にあった神宮寺の大海寺は、明治維新の神仏分離で廃寺となり、わずかにその跡が残っているのみです。かって斎祀した熊野曼茶羅の旧日本地仏十二社権現像十二躯は、仏国寺(河原屋)にまつられています。
 祭典は二月二十六日(祈念祭)・七月十日(夏祭)・十月十七日(例祭)・十二月二日(新嘗祭)です。
 大汝詣り
 吉野川行きとも言われた大汝詣りは、桜井市内(旧多武峰・朝倉・安倍・香久山の村村や桜井町)の社の祭を執行するに先立って、当屋の者がこの神社に参詣、社前の潮生淵で六根清浄の水浴をし、神酒口に水を汲み、吉野川原の小石を持ち帰って神事に用いた 海水で穢を祓う潮垢離(しおごり)のことです。『吉野名勝志』(一九一一)に「昔時神宮寺あり大海寺と称せり。寺廃されて倉庫一棟存す。潮生淵は社前吉野川の辺に在り古へ三月三日、六月晦日潮水湧出すと云。周囲約二〇間許り、明治十八年巌石を除きて其跡を滅せり」とあり、『大和志』に「社前有潮生淵。毎歳六月晦潮水湧湧故名」とあることから、少なくとも享保の頃に海水が湧くという伝説があって、その頃より続いた行事と思われます。
 妹山
 妹山は、斧鉞を絶つ神聖な山です。「妹山の土は生きている。だから木も毎日様子が変わる」と今も信じられています。また、山頂には池があるという言い伝えも残っています。これらは妹山を神秘な山とした信仰から生まれたもので、妹山という名は忌山(イミヤマ)から起こったと想像されています。そして、人工美林の吉野の山々の中で、しかも交通の便利な地のこの山だけが、原始林的樹叢を今日に残しているのは、その禁忌的信仰のためだといえます。
 鬱蒼とした妹山樹叢は、昭和三年 天然記念物の指定を受け今日に至っております。山中には、ツルマンリョウ・ルリミノキ・テンダイウヤク・ホングウソウ・ホングウシダなど、珍稀な温地性植物が繁茂しています。特にヤブコウジ科に属するツルマンリョウは東亜固有の植物で、わが国では、屋久島・山口県とこの地のみに成育する珍しいものです。 山腹一帯にはアラカシ、イチイガシ、ツクバネガシ、カゴノキ、ツブラジヒ、スタジヒ、サカキなどの常緑広葉樹・山頂には自然性のヒノキの群落がヒトツバ・ウラジロなどを下草として繁っています。
 ちなみに、ツルマンリョウの学名アナムティア(Anamtia stoIonifera Koidz)は大名持神社の名にちなんで小泉博士が命名されたものです。
 大頭入衆日記
 大頭入衆日記(上田龍司氏所蔵)は、正中二年(一三二五)から大永八年(一五二八)までと、享禄二年(一五二九)から、天正十二年(一五八四)までの龍門郷鎮守大宮社の、大頭役になるための宮座座衆に入る記録で、例年の書き継ぎによるものです。上巻の最初に南北朝時代の四通の文書裏を用い、下巻に幕末の学者穂井田忠友の考証をつけている当地域随一の注目すべき文献です。
 「応永七年カノヘ タツ九月四日座衆百姓評定云 天満宮神主殿・大汝宮神主殿両人座敷事自今以後七日十日両度口仕可為御宝殿口役事名代子々孫々可被免貫者也 難然座敷事悉可不有退転可定申由之仍為後代状如件・・・・」の記録から、吉野山口神社(天満宮)と大名持神社が衆会祭を共催していたことがうかがえます。
 大般若経
 正平年間・龍門庄の惣領主牧尭観賞が楠木氏とともに河内国古市方面に転戦中、その執事の由良門羅雲祥が、凶徒退散・宝祚無窮・二親兄弟従類眷属等の離苦得楽と、自身の願望成就を祈願して、大般若経六百巻を写経し、当神社に奉納しました。各経巻首に『龍門庄大汝宮』の古印が朱印された経巻は、現在川上村運川寺に所蔵されています。
 妹背山婦女庭訓 おんなていきん
 妹山と対岸の背山を舞台とした浄瑠璃の『妹背山婦女庭訓』は、明和八年(一七七一)に竹本座が再興されてうち出した傑作で、近松半二・近松東南・三好松洛等の合作です。 暴逆きわまりない蘇我入鹿を、知謀に秀でた中臣鎌足が退治していく大織冠物の一つです。
 妹山は太宰少武国人 背山は大判事清澄の領内で、領地争いで不和の両家の久我之助と雛鳥は恋仲である。しかし、雛鳥は入鹿に入内をせまられる。また、入鹿は、執心していた帝の寵姫采女の局が猿沢池に入水したというのは偽りで、実はその付人である久我之助がかくまっているものと疑い、疑いをはらすために、久我之助に出任せよと難題を命じる。つまりは、雛鳥を奪おうとしての謀りである。ついに雛鳥は、久我之助の無事を祈りつつ妹山の屋敷で母に首をうたせる。久我之助もまた雛鳥の幸せを願いつつ腹を切る。−帝への忠節と、雛鳥の命をかけて守った恋心に、二百年来多くの人々は涙を流したのです。奈良県吉野郡吉野町河原

−『平成祭データ』(原文ママ)−



最終更新日:2014/08/14
【 大名持神社 (吉野町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市