HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


日置神社
ひおきじんじゃ
[滋賀旅行] 滋賀県高島市今津町酒波855  Zenrin Data Com Maps display !!


十六菊

式内社 近江國高嶋郡 日置神社
旧郷社

御祭神
素盞嗚命 日置宿禰 稻田姫命 武甕槌命 天櫛耳命 大國主命

滋賀県今津町(現高島市)にある。
今津駅の北西5Kmほどの酒波に鎮座。
琵琶湖から、境川を3Kmほど遡った場所。
当社の後方奥は、酒波谷へと続いている。

鳥居の先に、100m以上の参道があるが、
道の様子から想像すると、鳥居よりもっと南から参道は続いている感じ。
地図で見ると、300m以上はあるかもしれない。
当社が、当地にとって重要な神社であったことがうかがえる。

鳥居をくぐり、参道を歩くと、森のように静かな境内。
奥に社殿があり、拝殿の後方には大きな本殿がある。
基本的には流れ造だが、前方の千鳥破風が立派。

創祀年代は、社伝によると人皇天皇十三代、
つまり、成務天皇の御代。

伝説によりと、十一代天皇垂仁天皇の頃、
腹赤ノ池に大蛇がいて、人民を悩ましていた。
そこに、素盞嗚尊稲田姫尊が出現し、大蛇を退治。
その大蛇の尾から出てきた剣を投げて、留まった里に
成務天皇の頃、武内宿禰によって社殿を創建し、
岩剣の神として祀ったという。

よって、当社は、岩剣大明神、岩剣宮と呼ばれていた神社。
また、明細帳には、祭神に武内宿禰と源頼道公が加わっている。

祭神に関しては異説があり、高魂命とも。

川上荘の総社であり、式内・日置神社の有力論社であるが、
川上の由来に関して。
『日本書紀』垂仁天皇三十九年の条に、
五十瓊敷皇子が、茅渟兔砥川上宮で、剣一千口を作り、
その剣の名が川上部と呼ぶ、とあり
それによるものとの説もある。

当社の南東1Kmの位置に田上森(御旅所)があり、
津野神社と合同の祭典が行われるらしい。

境内には、天満宮・蚕神社・金刀比羅宮・八幡宮などの境内社があるが、
境内の後方に、横向き(東向き)に、独立した形の山神社がある。


社頭

境内

本殿

拝殿

本殿

天満宮・蚕神社

境内後方に山神社

境内入口の社号標

境内社

境内社

日置神社
 郷社日置神社は川上荘の総社であ って、祭神は、素戔嗚命、 日置宿禰命・稲田姫命武甕槌命大国主命 を合祀しています。
 元は、酒波岩剣大菩薩といい、徳 川時代(一六〇三〜一六七六年)には日置 山岩剣大明神、または日置山岩剣宮 と言いました。
 律令制度が布かれると各地に荘( 庄)が置かれましたが、北組(南深 清水、北深清水、桂、北仰)西組( 酒波、伊井、三谷、平ケ崎)南組( 構、井ノ口、中ノ町、辻、石田、梅 原、岸脇)を合わせて「川上荘」と いいました。毎年四月十八日、川上 祭礼が行なわれます。

−社前案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 日置神社 (今津町) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市