HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


和爾下神社
わにしたじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県天理市櫟本町櫟本字宮山2490  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 大和國添上郡 和尓下神社二座
旧村社

御祭神
素盞嗚尊 大己貴命 稻田姫命

境内式内社 大和國添上郡 高橋神社 若宮社

天理市、天理I.C.の南にある。

丘の上にあるが、「前方後円墳」らしい。

169号線に鳥居があり、参道が東に延びる。
参道沿いに幾つかの末社があり、公園横の階段から境内へ。
公園には「柿本寺跡」がる。

式内社・和尓下神社に比定されている古社。

通称、上治道天皇社
大和郡山にも同名神社があり、そちらは下治道天皇社

神護景雲三年(769)東大寺領の櫟庄の水を引くため、
高瀬川の水路を、今の参道に沿った線へ移し、
道も新しく真直に作られたので、この森を治道の森といい、
宮を治道社といっ たらしい。

柿本寺との 関係で柿本上社ともいわれていたが、
明治社年に、式内社・和爾下神社であるとされ、
社名を和爾下神社と改めた。

『式内社の研究』において、志賀剛氏は、
もともと当社は式内社・高橋神社であったと考えており、
後に治道の宮が本社となって、式内社・高橋神社は若宮社に遷されたという。

境内参道には多くの境内社が点在している。


社号標

明治天皇遥拝所

神武天皇遥拝所

参道の鳥居

参道階段

社殿

若宮社

若宮社

豊川稲荷社

厳島神社・十二神社

住吉神社

天照皇太神宮

天満神社

琴平神社

稲荷神社

垣の中の境内社

柿本寺跡と柿本人麿の遺骨を葬った歌塚

 和爾下神社(本殿重要文化財)
 神護景雲三年(七六九)東大寺領の櫟庄の水 を引くため高瀬川の水路を今の参道に沿った 線へ移し、道も新しく真直に作られたので、 この森を治道の森といい、宮を治道社といっ た。上代の古墳の上に祀られた神社で、櫟本 の地方にいた一族の氏神であったが、今は櫟 本町の鎮守の神社である。
 この治道社の(春道社とも書く)祭神は、 素盞鳴命の本地が牛頭天王であるので、天王 社ともいわれ、ここに建てられた柿本寺との 関係で柿本上社ともいわれた。
 明治社年に延喜式内の和爾下神社がこれに当 ると考証されて社名を和爾下神社と定めた。
 今の社殿は、三間社流れ造り、桧皮葺一間 向拝付で桃山時代の様式を備え、古建築とし て重要文化財に指定されたいる。
 祭神は、素盞鳴命大己貴命稲田媛命、 例祭は七月十四日、祇園祭、十月十四日、氏神祭礼。

−案内書きより−



最終更新日:2013/10/09
【 和爾下神社 (上治道) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市