HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


吉野神宮
よしのじんぐう
[奈良旅行] 奈良県吉野郡吉野町吉野山3226  Zenrin Data Com Maps display !!


抱葉菊



朱印のページへ!!

旧官幣大社

御祭神
後醍醐天皇

奈良県吉野にある。
吉野山の北西麓付近に鎮座。
近鉄吉野神宮駅の近くに参道入口の鳥居が建ち、
1Kmほど登ると境内の入口。

入口の鳥居をくぐって広い参道をしばらく歩くと広い境内。
境内は北西向き。朝日を背にしており、
朝の参拝では鳥居も社殿もシルエットになる。

神門をくぐると正面に外拝殿。
外拝殿から、さらに拝殿を拝む形になっており、
拝殿の後方に流造りの本殿が建つ。

明治22年、明治天皇の申し出により創立。
明治25年、社殿完成によって鎮座した神社。

祭神は、建武中興の中心人物である後醍醐天皇

もともとは、後村上天皇の勅命により
後醍醐天皇の御尊像を吉水院に奉安し、
僧侶によって、550年間、代々供養が続けられていたが、
明治になり、吉水院は後醍醐天皇社と改称し、
その後、吉水神社と改称した。

が、太政官より、神仏分離の目的で、
別に社地を定め、後醍醐天皇を祭るように指示が出され、
現在地に創祀されたもの。

創立時は、官幣中社であったが、
明治34年、官幣大社に昇格した。

後醍醐天皇は、正応2年(1289)、
後宇多天皇の第二皇子として生まれ、
文保2年(1318)、31歳で即位した。
当時は、鎌倉幕府の北条一族が皇位継承にも干渉するなど、
朝廷の権威が著しく衰微する時代であった。

そこで、平安時代の醍醐天皇・村上天皇の
「延喜・天暦の御代」へ立ち返るべく、
後醍醐を名乗り、倒幕を計画。
ついに元弘3年(1333)、鎌倉幕府を倒し、
建武の中興を成し遂げた。

しかし、足利尊氏の謀反により、わずか2年で、中興政治は瓦解し、
その後、後醍醐天皇は吉野山の行宮で崩御された。

境内の左手には斎館があり、本殿を横から見ることができる。
境内右手には三つの摂社が並ぶ。
建武中興の功臣だが、官幣社に祭られなかった方々を祭る神社。

神門は、「抱葉菊」という紋。
なかなか美しいけど、描くのが面倒だった。
また、丹羽基二の『神紋』には「桜花」も神紋として使用されているとある。


一之鳥居?

境内入口

境内

境内

神門

外拝殿

拝殿

本殿

摂社

瀧櫻神社

船岡神社

御影神社

吉野神宮
 御由緒
吉野神宮のご祭神は、建武中興の御偉業をなし遂げられた後醍醐天皇です。今を遡る650年昔、理想に燃え、邁進せられた第96代後醍醐天皇はまさに激動の時代を生き抜かれた行動派天皇と申せましょう。そのご活躍ぶりは「太平記」に詳しいところですが、その御志は、江戸幕末の尊皇攘夷運動にも大きな影響を与え、明治維新として結実したといわれています。一方、後醍醐天皇はご幼少の頃より学問の研鑽に御心を注がれ、また、歌道についても格別ご堪能で、文化面に深くご修養をつまれました。さらに、神道をはじめ、真言、天台、禅等の奥義も極められました。従って、吉野神宮への参詣は、後醍醐天皇の御偉徳を偲び、ご祭神の広大無辺な御神徳に触れることになると申せましょう。
吉野神宮は、明治22年に創立され、同25年の御鎮座祭には明治天皇の勅使が参向されました。また後村上天皇の勅命で刻まれ吉水神社(吉水院)に祀られていた後醍醐天皇の御尊像が、550年を経て吉野神宮の本殿に遷座奉鎮せられました。現在の社殿はその後の御造営で、昭和7年に竣工しました。2万7千坪の森厳な境内に、流れ造りの本殿、入母屋造りの拝殿などが美しく調和し、「玉骨はたとひ南山の苔に埋まるとも、魂塊は常に北闕の天を望まんと思ふ」と都に思いを寄せられた後醍醐天皇の御心を偲び、京都に向かって、北向きに建てられているのが印象的です。また、拝殿右に並ぶ摂社には建武中興に功績のあった日野資朝卿、日野俊基卿らの忠臣をお祀りしています。
御祭神後醍醐天皇
摂社御影神社 藤原資朝卿、藤原俊基卿
船岡神社 児島高徳卿、児島範長朝臣、桜山磁俊朝臣
瀧櫻神社 土居通増朝臣、得能通嗣朝臣
春の大祭(建武中興記念祭)四月第三日曜日
秋の大祭(例祭)九月二十七日(延元四年八月十六日後醍醐天皇崩御の日)
 建武中興ゆかりの神社めぐり
 (1)吉野神宮後醍醐天皇奈良県吉野郡吉野町吉野山
天皇親政の理想に燃え、邁進された行動派天皇。
 (2)鎌倉宮護良親王鎌倉市二階堂
新政の原動力となった豪壮武勇の後醍醐天皇の皇子。鎌倉東光寺幽閉で知られる。
 (3)伊井谷宮宗良親王静岡県引佐郡引佐町
勤皇のため長年各地を転戦された後醍醐天皇の皇子。新葉集などの文学派親王。
 (4)八代宮懐良親王・良成親王熊本県八代市松江城町
征西大将軍の任を全うされた懐良親王、良成親王は後村上天皇の皇子。
 (5)金崎宮尊良親王・恒良親王敦賀市金崎町
尊良親王は金崎城で自刃され、恒良親王は御年15才で足利氏に毒を盛られて死去。
 (6)小御門神社藤原師賢公千葉県香取郡下総町
元弘の乱では後醍醐天皇の御衣を着て比叡山に登り、僧兵を糾合。
 (7)菊池神社菊池武時公、同武重公、同武光公熊本県菊地市隈府
菊池武時は楠木正成をして忠烈第一と言わしめた勤皇武将。
 (8)湊川神社楠木正成公、同正行公、同正季卿神戸市中央区多聞通
潔く戦場に散った熱血武将「嗚吁忠臣楠子之章」は水戸光圀公の建碑。
 (9)名和神社名和長年公鳥取県西伯郡大山町
後醍醐天皇を船上山に迎え、新政樹立に貢献した伯耆の名将。
 (10)阿部野神社北畠親房公、同顕家公大阪市阿倍野区北畠
親房は「神皇正統記」を著した吉野朝廷「南朝」の思想的指導者。
 (11)藤島神社新田義貞公福井市毛矢
清和源氏を祖とするも天皇親政に命を賭けた名将。
 (12)結城神社結城宗広公三重県津市結城町
新田義貞公と協力して鎌倉幕府を倒した忠義の東国武将。
 (13)霊山神社北畠親房公、同顕信公、同顕家公、同守親公福島県伊達郡霊山町
義良親王(後村上天皇)を奉じて父親房らと霊山に陸奥鎮守府を開いた忠臣・顕家公。
 (14)四條畷神社楠木正行公、同正時公、和田賢秀卿大阪府四條畷市南野
如意輪寺の扉に矢尻で刻んだ辞世の歌や父正成との桜井の宿での別れが有名。
 (15)北畠神社北畠顕能公、同親房公、同顕家公三重県一志郡美杉村
伊勢国司となった顕能は親房公の三男、ここに霧山城を築いて40年間各地を転戦。
 境内の四季
桜の見頃は4月10日あたりから20日前後にかけてです。新芽が出てから花を咲かす山桜満開の姿は古来より絶賛される季節の絵巻物です。春の大祭も、この花の芸術を背景に執り行われ、このあと、山つつじ、新緑へと彩りを移します。
全山、緑に覆われた樹木の間を涼風がさわやかに流れ、下界では味わえない清涼感に満たされます。時により、白雲が山すそをつつみ、まるで墨絵の世界のような風景に、別天地の思いがひしひしと・・・・・・・・
桜もみじは10月中旬から始まり、順次、楓の紅葉へと移っていきます。11月中旬には雑木・漆・蔦などもあわせて、全山紅葉となり、桜の頃の見事さもさることながら、この紅葉風景も忘れ難い吉野路の想い出となることでしょう。
静寂のたたずまいを見せる冬の御神域も感慨ひとしおのものがあります。時に、粉雪舞う日に訪れたならば、しんしんと降る風雪の様が壮烈な南朝の哀史をほうふつさせ、後醍醐天皇の御心が偲ばれます。
交通の案内
近鉄電車
吉野神宮駅下車1.2キロ バス・タクシー
(特急所要時間)
大阪あべの駅から1時間8分
京都から1時間25分
名古屋から約3時間
自動車
R24号橿原からR169号線で約30分
名阪国道針インターからR369号を経て約1時間

−『平成祭データ』−


御影神社贈従二位 藤原資朝卿、贈従三位 藤原俊基卿
船岡神社贈従三位 児島高徳卿、贈正四位 児島範長朝臣、贈正四位 櫻山茲俊朝臣
瀧櫻神社贈正四位 土居通増朝臣、贈正四位 得能通綱朝臣
御由緒
近代日本の繁栄の基は 明治維新にあり。明治維新の 根源は後醍醐天皇の建武 中興と吉野朝の歴史に ありといわれます。
それ故に明治の御代と共に 後醍醐天皇を祭る吉野神 宮を初め、鎌倉宮湊川神社 など建武中興関係の皇族 忠臣を祭る官幣社が十五社 御創建になりました。
正面の三社には格別の御功 臣でありながらこれら官幣社に 祭られていない方々をお祭り 申上げております。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 吉野神宮 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市