HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


岡神社
おかじんじゃ
[滋賀旅行] 滋賀県米原市間田96  Zenrin Data Com Maps display !!


左三つ巴


平四ツ目
七ツ割

式内社 近江國坂田郡 岡神社
旧郷社

御祭神
皇産靈大神 祭神不詳六柱

滋賀県米原市にある。
近江長岡駅の北3Kmほどの間田に鎮座。
248号線を北上し、365号線と合流して西へ100mほど。

境内入口は南向き。
鳥居の右手に「式内岡神社」と刻まれた社号標。
参拝が年末だったので、
鳥居の脇には角松が飾られ迎春準備が整えられていた。

鳥居をくぐり50mほどの参道を北上すると境内。
境内のアチコチに石があるのだが自然のものだろうか。
拝殿の左手に大きな岩が祀られている。

入母屋造拝殿の後方に垣に囲まれて流造の本殿。
本殿の左手にも、石が祀られている。

境内の案内に「岡神社庭園解説」とあり
巨石を組んだ庭園の解説があるのだが
なぜか、写真に撮っていない。
気づかなかったのか、見落としたのか。

白雉三年の創祀と伝えられる古社で
式内社・岡神社の論社の一つ。

白雉元年、出雲国の人々が当地に移住し
大原郷開拓に際し、伊吹山より姉川の水を引き養水の便を計り開墾地に灌漑。
工事の落成した三年五月、五穀豊穣を祈願し、岡山に祠を築いたのが当社の起源。

祭神の皇産靈大神は、大梵天王神とも云われて、
天王宮とも称されていたが鎌倉時代には荒廃していたという。
後、近江の守護佐々木氏の崇敬篤く、代々、社殿の造営が行われた。

相殿の神々六柱は、『平成祭データ』では祭神不詳となっているが
『式内社調査報告』には、倉稲魂命大田命大宮姫命
瓊々杵命正哉吾勝速日天忍穗耳命大鞆和気命、建小広国押楯命とあり
明治四十二年に合祀されたものとある。

延宝三年の調書によれば、当社は間田、小田、春照、井之口、
本庄、本庄中、高番、村居田、坂口、鳥脇、観音寺、野一色、
上夫馬、下夫馬、市場、産所、市場中、池下村などの
大原庄十八郷の惣社であったという。

明治十四年四月二十五日郷社に列した。

神紋は、左三つ巴紋と、平四ツ目七ツ割紋。
四ツ目紋は、パトロンであった佐々木氏の家紋なのだと思う。

本殿の左手に石に祀られた境内社が一つ。
さらに境内の左手に立派な参道を持つ境内社の石祠が一つ。
ともに社名は未確認。

『滋賀県神社誌』には、境内社として秋葉神社とあり、
『平成祭データ』には、他に石清水八幡宮の名も見える。


鳥居

参道

境内

拝殿横の岩

拝殿

境内社殿

境内社

境内社と本殿

境内社と本殿


最終更新日:2013/10/09
【 岡神社 (米原市) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市