HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


須佐神社
すさじんじゃ
[和歌山旅行] 和歌山県有田市千田1641  Zenrin Data Com Maps display !!



式内社 紀伊國在田郡 須佐神社 名神大 月次新嘗
旧県社

御祭神
素盞嗚尊

有田市千田にある。和歌山から42号線を南下し、
有田川を越え、箕島あたりで、20号線にはいり、
立神社横をまっすぐ走っていると道路に鳥居があり、
鳥居をくぐって、さらに走ると到着。

階段を登ると正面に白馬の像があり、腹に桃紋。
丘の上にあるのだが、鈴門から拝殿、本殿と、
かなりの奥行きを感じる境内。
参道脇には末社が並んでおり、白鹿の像なども見える。

和歌山滞在最終日だったので、かなり早めに参拝。
社殿横に住居を兼ねた社務所があったが、御朱印は遠慮した。

中門に、桃紋の額があったので、サンプルして掲載した。

『神社縁起』及び『紀伊続風土記』には、
和銅六年十月に奈良の吉野・西川峰より勧請し、
最初、中雄山山頂に奉斎していたが、
西に面し海に向かっているため、
海上往来の船舶が恭謹しないと難破したので、
天明天皇の勅令により、麓へ移したとある。

式内社・須佐神社に比定された古社。

1711年造営春日造の本殿は、檜皮葺だったものを昭和に銅板葺にしたもの。
丘の上にある境内だが、かなり堂々とした構えだ。

階段脇や拝殿前、本殿左右などに、末社が11社。
式内社調査報告では以下の通り。
階段脇
子安神社(湍津姫命)、金山神社(金山毘古神)、
南龍神社(徳川頼宣言)、湊川神社(楠正成)、伊太祁曽遥拝社
拝殿前
厳島神社(市杵嶋姫命)、住吉神社(表筒男命中筒男命底筒男命)、
五ヶ庄神社(軻遇突智命外三柱)、琴平社(大物主命
本殿右
東方殿 (天照大神月読尊手力雄神
本殿左
西方殿(伊弉諾尊伊弉冉尊

ただし、参拝時は、金山神社が金比羅社となっており、
琴平は見当たらず神光谷社があり、
五ヶ庄神社は稲荷社と相殿になっていた。

『和歌山県神社誌』では境内社十一社は、
天照皇大神社、月読尊社、五ケ庄社、住吉社、厳島社、神谷社、
伊太祁曽社、湊川社、南龍社、金刀比羅社、子安社となっている。


社頭

子安社

金比羅社

参道階段を見下ろす

南龍社

湊川社

伊太祁曽遥拝社

階段上の鳥居

神門

境内

五ケ庄社・稲荷社、住吉社、厳島社、神谷社。白鹿の像もある

鈴門

祝詞殿拝殿

春日造本殿

須佐神社(お千田さん)
有田市千田一六四一 紀勢線箕島駅三四粁
祭神 素盞嗚尊 例祭 一〇月一四日 神紋 桃
本殿 春日造 一二坪 境内 一五、三三二坪
末杜 一一社 社宝 太刀(因州影長作・重文) 氏子 九六八戸
神事と芸能 神輿渡御・鯛投げ神事(例祭)
由緒 和銅六年、大和国吉野郡西川峰より勧 請されたと伝えられる。江戸時代には藩主紀 伊徳川氏の歴代の崇敬社として、社殿の造営 修復等は藩費でなされ、吉宗奉納の太刀があっ た。延喜式神名帳に記されている名神大社で、 貞観元年従五位上に、紀伊国神名帳には従一 位とある。明治四年県社に列せられた。

−『全国神社名鑑』−



最終更新日:2013/10/09
【 須佐神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市