HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


馬立伊勢部田中神社
またていせべたなかじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県橿原市和田町1400  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 大和國高市郡 御歳神社 鍬靫
旧村社

御祭神
天児屋根命 豊受姫命 誉田別命

橿原神宮駅から東。畝傍中横の大歳神社から少し北の畑の中の杜。

本殿屋根に神紋がかすかに見えるが、確認できず。

境内から畝傍山が見える。
なかなか趣のある神社。

「三代実録」に、清和天皇貞観九年正月二十五日、
従五位下を叙されたとある古社。

境内説明では、「延喜の領幣から漏れた」とあるが、
日本神社総覧では、式内社・御歳神社に比定されている。

もとは、字舌宮の地に鎮座していたが、
慶長年間、飛鳥川の洪水で流出し、今の社地に遷座したという。

後に、八幡宮や春日明神を合祀し、御歳社であることが忘れられ
八幡宮と称するようになった。
本殿三間社の中央に八幡宮、左に豊受姫命、右に天児屋根命を祀るが
本来は、豊受姫命を主神とすると思われる。

明治になっても八幡神社と呼ばれていたが、
国史見在社であることから、大正八年、馬立伊勢部田中神社に復した。


社頭

境内

拝殿

本殿

境内から鳥居越しの畝傍山

馬立伊勢部田中神社
橿原市大字和田字大坪第四十番地
神格 村社
祭神 天児屋根命 豊受姫命 誉田別命
木像
当社、創立の詳細は分からないが、三代実録に神位の奉授のこととある。 「清和天皇貞観九年正月二十五日大和国正六位上、馬立 伊勢部田中神從五位下」とある。
されど延喜の領幣に漏れたるを見れば、当時社運暫く 不振の状況におちいったことが察せられる。
又、位置は現今大字和田にあれども社名は馬立伊勢部田中神社と称している。 昔から和田方の所伝によれば、当社もと字古宮の地に鎮座していたが慶長 年間飛鳥川洪水の為に流されて現今の地に遷座したとのこと
然るに古宮の地は、古代豊浦小墾田宮の故地にして名称の起りも 故地の名に因んだのであろうから、元より当社とは関係はなかったであろう。
その地古宮付近に豊浦寺時代の礎石の存せるを当社華表の 址なりと言うのも是亦附会したものと言わざるを得ない。
社殿の構造は三間社流造りにて、中央は八幡宮、左豊受姫社、右は 春日社を奉祀せり。
後世時代の流れに従って春日社並びに八幡社と配祀し、後、八幡宮が 却って本社の地住を占め八幡宮と称するに至った。
徳川中世に至っても尚八幡宮と称し、(石灯籠)明治四十一年十月二日 にも村社八幡神社として指定された。
その後国史見在社の古名に復すべく出願し、大正八年十一月に前指 定を取り消して馬立伊勢部田中神社として指定された。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 馬立伊勢部田中神社 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市