HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


勝手神社
かってじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県吉野郡吉野町吉野山2354  Zenrin Data Com Maps display !!

朱印のページへ!!

式内社 大和國吉野郡 吉野山口神社 大 月次新嘗 (参考)

御祭神
天之忍穗耳命
配祀
大山祇命 久久能智命
木花佐久夜比咩命 苔蟲命 菅野比咩命

奈良県の吉野町にある。
近鉄吉野線・吉野駅の南東1.5Kmの吉野山に鎮座。
旅館などが並ぶ15号線沿い、角地の石組の上に境内があり、
「静御前ゆかりの社」と書かれた案内がある。

参拝は、平成十六年(2004)二月だが、
当社は、平成十三年九月二十七日、不審火により焼失し、
参拝当日は、社殿の無い境内だった。

御神体は、近くにある吉水神社に仮遷座しており
御朱印も吉水神社でいただいた。

創祀年代は不詳。
日雄寺継統記によると、孝安天皇六年(紀元前三八六年)の創建。

吉野の山の入口に位置し、吉野水分神社に対して
山口神社とも称した神社。
『式内社調査報告』には、式内社・吉野山口神社の論社として
記載されていないが、吉野の山口神社と呼ばれた古社なので
参考に掲載しておく。

金峯山秘密伝に
「伝云、勝手大明神此多聞天王垂迹、
此仏法護持大将、国家鎮守首鎮也」とあり
吉野蔵王権現とともに、修験者の信仰が篤かった神社。

義経と別れた静御前が荒法師に捕えられた時、
当社境内で雅な法楽の舞をまったという伝説があり、
境内には舞塚がある。

また、大海人皇子(天武天皇)が、神前で琴を弾いたところ
背後の袖振山から天女が舞い降りて舞ったという伝説もあり
五節舞の起源であるという。

祭神は、天忍穂耳命大山祇命久久能智命
木花佐久夜比咩命苔蟲命・菅野比咩命の六柱。
『和州旧跡幽考』には、愛鬘命と記されている。

焼失した社殿は、
檜皮葺三間社流造で県の有形文化財だった。


社域

垣のみ

勝手神社
 吉野八社明神のひとつで、金峯山の山の入 口にあるので山口神社ともいいます。
 文治元年(一一八五)の暮れ、源義経と雪の吉 野山で涙ながらに別れた静御前は、従者の雑 色男に金銀を奪われ、山中をさ迷っていると ころを追手に捕えられて、この社殿の前で雅 た姿で法楽の舞をまい、居並ぶ荒法師たちを 感嘆させたとう話が伝えられています。
 この神社の祭神は、大山祇神木花咲耶姫命 ほか三神で、社殿は豊富秀頼が慶長九年(一 六〇四)に改修したのが、正保元年(一六四四)十 二月に焼亡したので、翌二年に再建され、さ らに明和四年(一七六七)にまたも焼失しました 現在の建物はこの後の再建になるものです。
 社殿の後の山を袖振山といって、天智天皇 の十年(六七二)大友皇子に対抗して、吉野(今の宮滝か) に兵を挙げた大海人皇子(天武天皇)が、この神 前で琴をかなでていると、天女が後ろの山の 上から袖をひるがえして舞いながら現れ、吉 兆を示しました。この故事が五節の舞の起り だといわれ、芸ごとに深いかかわりを持つ神 様とされて、かつては猿楽や能が盛んに奉納 されました。

−境内案内−



最終更新日:2013/11/01
【 勝手神社 (吉野) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市