HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


兵主神社
ひょうずじんじゃ
[兵庫旅行] 兵庫県豊岡市山本字鶴ヶ城100−1  Zenrin Data Com Maps display !!


二つ巴

式内社 但馬國城崎郡 兵主神社二座
旧村社

御祭神
速須佐男神 合祀 高淤伽美神

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・豊岡駅の北東1.5Kmほどの山本に鎮座。
北に178号線が走り、南に山陰本線が走っている場所。
愛宕山の中腹(麓に近い)場所に境内があり、
JR高架のそばに参道入口がある。
階段下には「愛宕山登山口」と案内が出ている。

階段の両脇には灯籠が立ち、
「延喜式内宮」と刻まれた社号標が建っている。

階段を登り、左(北)へ曲がると境内。
境内奥に社殿がある。
社殿の扁額は「貴布禰大明神」「兵主神社」の二枚。
拝殿後方の本殿には覆屋根が付けられている。

参拝した日は、非常に風が強く。
境内に入った頃から、ビュンビュンと音を立てて吹いていた。

伝承によると、天平十八年(746)十二月、
佐伯直岸麿によって創祀されたという。

城崎郡の式内社・兵主神社二座に比定されている古社。
城崎郡には他にも兵主神社という式内社があり
その比定社は、当社の近くにあるため、
両社はよく混同されるようだ。

祭神は、速須佐男神
合祀の高淤伽美神は、貴布祢大明神の神。
本社よりも貴布祢の方が有名なのか、
当社のことを円山川一円では「キムネさん」と呼ぶらしい。
延喜式に兵主神社二座とあることから
兵主神社としての祭神は速須佐男神と、もう一柱が考えられるが、
資料によっては、
大己貴命であったり武甕槌神であったりと定まらない。

境内の左手に境内社の稲荷社がある。
その脇に、『御本殿之址』と刻まれた石碑が建っている。
昔は、ここに本殿があったということだろう。

社殿の後方に愛宕山へ登る道があり、
「愛宕神社 0.5Km」という表示がある。
山頂にあるのだろうか、興味があったが参拝していない。
また、「貴布弥の道」という小道があり良い雰囲気だったので
少し歩いてみたが、すぐに笹に覆われた道となり
先が見えなかったので、足を踏み入れていない。

拝殿の屋根には二つ巴の紋が付いていた。
その下(屋根の妻部分)には、二つ巴ともう一つの紋がある。
が、写真に撮ったのだが、不鮮明で判別できなかった。
残念。五角形の紋だとおもうが、桔梗紋だろうか。


高架脇に参道入口

参道階段と社号標

鳥居

稲荷社と本殿跡地

本殿跡地に石碑

境内

社殿

扁額二枚

社殿

本殿、後方から

貴布弥の道


最終更新日:2013/10/09
【 兵主神社 (豊岡市山本) 】

ボーダー




関西地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
綾部市
宇治市
乙訓郡 大山崎町
亀岡市
宮津市
京丹後市
京都市 北区
京都市 上京区
京都市 左京区
京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 下京区
京都市 南区
京都市 右京区
京都市 伏見区
京都市 西京区
船井郡 京丹波町
南丹市
八幡市
舞鶴市
福知山市
与謝郡 伊根町

磯城郡 三宅町
磯城郡 川西町
磯城郡 田原本町
宇陀郡 御杖村
宇陀郡 曽爾村
宇陀市
橿原市
吉野郡 下市町
吉野郡 吉野町
吉野郡 十津川村
吉野郡 川上村
吉野郡 東吉野村
御所市
高市郡 高取町
高市郡 明日香村
桜井市
山辺郡 山添村
生駒郡 三郷町
生駒郡 斑鳩町
大和郡山市
天理市
奈良市
北葛城郡 河合町

堺市 西区
三島郡 島本町
四條畷市
大阪市 天王寺区
大阪市 阿倍野区
大阪市 住吉区
大阪市 中央区
東大阪市

佐用郡 佐用町
宍粟市
洲本市
神戸市 長田区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
西宮市
赤穂郡 上郡町
赤穂市
淡路市
朝来市
南あわじ市
美方郡 香美町
美方郡 新温泉町
姫路市
豊岡市
養父市

蒲生郡 日野町
近江八幡市
栗東市
犬上郡 多賀町
湖南市
甲賀市
高島市
守山市
草津市
大津市
長浜市
米原市
野洲市